1.5リットル〜2.0リットルのチタンクッカー【5選】 雪溶かし・湯煎・洗面器と重宝する中型サイズのクッカー【抜粋】

この記事は約 7分で読めます

1.5リットル〜2.0リットルのチタンクッカー【5選】 雪溶かし・湯煎・洗面器と重宝する中型サイズのクッカー【抜粋】 画像

別の記事、

1.5リットル 〜 2.0リットルクッカー【10選】 雪溶かし・湯煎・炊飯・洗面器などと何かと役立つ中型クッカー個人的考察
monochicken.com

で「アルミ」と「チタン」の中型サイズクッカーを取り上げました。

素材を2つにしたことで記事が長くなり過ぎて読みにくい感じがあったのでこちらで
チタンクッカーのみを抜粋します。

1.5〜2.0リットル
チタンクッカー【5選】

目次

– 1.5リットル –
チタン2ポットセット(MSR)【セット販売】

– 1.6リットル –
BM-035 チタンクッカー L(ベルモント)

– 1.75リットル –
BM-093 チタンクッカー深型 M(ベルモント)

– 2.0リットル –
ATSチタンクッカー TYPE-2L(EPIgas)
ビッグチタンケトル(MSR)

※今回取り上げたものは片手ハンドルのクッカーに限ります
チタン製に限ります

※関連記事(アルミ製の中型クッカーに絞ったものはこちら)
1.5〜2.0リットルのアルミクッカー 【5選】 雪溶かし・湯煎・炊飯・洗面器など多様性のある中型クッカー 【抜粋】
monochicken.com

1.5リットルチタンクッカー 1つ

チタン2ポットセット(MSR)【セット販売】

→ チタン(鍋・蓋)
1.5リットル(大鍋) 1.0リットル(小鍋)
→ 309g(合計重量)
→ 17.8 x 11.4cm(収納サイズ) 15.5 × 8.9cm(大鍋) 13.6 × 6.8cm(小鍋)
→ Made in Thailand
→ 目盛りなし

データは変更される場合があるため最新情報はメーカーサイトをご確認ください

〜〜〜

蓋が1枚(兼用)タイプのチタンクッカー
しかし、2つのクッカーでこの重量はさすがのチタンというところでしょうか。
蓋がフライパンタイプでないことも軽量化に繋がっていると思います。

金属臭が一番少ないとされているのがチタンであって、医療用ネジの大部分を占めているのがチタンだそうです。
そのため口に入れるものを扱うクッカーとしても、やはりチタンの魅力は捨て難いものがあります。
しかしなかなかに高価。

同タイプの単体販売はなさそうです。

取っ手のみアルミ製。

1.6リットルチタンクッカー 1つ

BM-035 チタンクッカー L(ベルモント)

→ チタン
1.6リットル(鍋) 0.72リットル(フライパン)
→ 245g
∅18.0 × 7.2cm(鍋) ∅18.5 × 3.2cm(フライパン)
→ 日本製
→ 目盛りなし

データは変更される場合があるため最新情報はメーカーサイトをご確認ください

〜〜〜

個人的に、シンプルな形状のクッカーに大きな魅力を感じます。

寸法から見ると「口に対して浅め」のチタンクッカーという感じでしょうか。
口が広いので雪を入れるのに都合が良さそうですね。

今回取り上げたチタンクッカーの中では最もリーズナブルな価格でした。

サイズがSMLとあってセット販売もありました。

ハンドルはステンレス製。

1.75リットルチタンクッカー 1つ

BM-093 チタンクッカー深型 M(ベルモント)

→ チタン
1.75リットル(鍋) 0.6リットル(フライパン)
→ 約243g
約 ∅15.7 × 10cm(鍋) 約 ∅16.7 × 3.1cm(フライパン)
→ 日本製
→ 目盛りなし

データは変更される場合があるため最新情報はメーカーサイトをご確認ください

〜〜〜

こちらもシンプルな形状のチタンクッカー

個人的にはそこまで「深型」とも感じなく、個人的には好ましい縦横比と感じているので一度使ってみたいクッカーです。

深型はSMの2パターンのサイズ展開のようで、こちらもセット販売がありました。

ハンドルはステンレス製。

2.0リットルチタンクッカー 2つ

ATSチタンクッカー TYPE-2L(EPIgas)

→ チタン(鍋底:アルミニウム溶射あり)
2リットル(本体) 0.8リットル(ふた)
→ 294g(総重量) 188g(本体) 106g(ふた)
→ ∅17.8 × 10.0cm(本体) ∅19.0 × 3.6cm(ふた)
→ 日本製
→ 目盛りあり

データは変更される場合があるため最新情報はメーカーサイトをご確認ください

〜〜〜

EPIgasウェブサイト様からの引用です。

橋桁や船底のコーティングに使われる技術を、アウトドアクッカーに取り入れたのが、このATSチタンクッカーです。鍋底にアルミを吹き付けることで、チタンの弱点である熱伝導効率の低さを克服しました。
鍋底の細かな凹凸は、鍋全体に熱を広げるともに、ゴトクの上で滑りにくい効果ももたらします。

鍋底のアルミニウム溶射がとても気になります。

アルミクッカーの熱伝導の良さに及ぶものではないと思いますが、チタンの良さとアルミの良さが融合されていそうで今一番使ってみたいクッカーかもしれません。

このTYPE-2はサイズがSMLとあるのですが全てスタッキング可能ということを聞いています。
魅力的です。

取っ手はステンレス製。

※追記
手に入れたので使用経験を積んだらレビューする予定です



ビッグチタンケトル(MSR)

→ チタン
2リットル
→ 190g
→ 15.2 × 11.4cm
→ Made in Thailand
→ 目盛りなし

データは変更される場合があるため最新情報はメーカーサイトをご確認ください

〜〜〜

メーカーサイトに「雪を溶かすのにも便利」とありました。

チタンクッカーなので炊飯には一手間二手間かかるかもしれませんがこれで飯を炊いてみたいですね。
チタンで飯をうまく炊ければそれに越したことはない気が個人的にはしています。

よくあるパンタイプの蓋ではないのでそれが更なる軽量化に繋がっていると思います。

その軽さはやはり大きな魅力ですが、なかなかに高価。

※メーカー動画がありました

音が出ます ご注意ください

特に記載がないのでハンドルもチタンかもしれません。

ーーー

1.5リットル〜2.0リットルのチタンクッカー【5選】 雪溶かし・湯煎・洗面器と重宝する中型サイズのクッカー【抜粋】 画像

私は山では、雪溶かし、湯沸かし、湯煎調理、洗面器という使い方に限定していますが、
この中型サイズのクッカーが何かと多様性があって好んでいます。

そして、

1.5リットル〜2.0リットルのチタンクッカー【5選】 雪溶かし・湯煎・洗面器と重宝する中型サイズのクッカー【抜粋】 画像

家では炊飯や調理等にクッカーを使っているので、

特に炊飯に関しては2~3合ほどまとめて炊けるこの中型クッカーの容量を個人的な好みとしています。

これまでアルミクッカーで炊飯をしていたのですがチタンクッカーでやれるように移行したい考えが現在あります。

「アルミか、チタンか」と迷うところは色々とあると思うのですが
どちらも優れているところは感じますし、ネガティブなポイントもそれぞれあります。
好みもあると思います。
多様性があって扱いやすい素材はアルミかと個人的には思います。

重量に関してもチタンクッカーの方が軽いイメージがあると思うのですが
素材ではなく「商品」として見るとアルミクッカーとそれほど重量が変わらなかったり、むしろ重い場合もあったりすることが分かったので注意したいと思います。

– 1.5リットル –
チタン2ポットセット(MSR)【セット販売】

– 1.6リットル –
BM-035 チタンクッカー L(ベルモント)

– 1.75リットル –
BM-093 チタンクッカー深型 M(ベルモント)

– 2.0リットル –
ATSチタンクッカー TYPE-2L(EPIgas)
ビッグチタンケトル(MSR)

※関連記事
1.5〜2.0リットルのアルミクッカー 【5選】 雪溶かし・湯煎・炊飯・洗面器など多様性のある中型クッカー 【抜粋】
monochicken.com

error: