ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較

この記事は約 6分で読めます

今回は、「登山用テント おすすめ 選び方」で取り上げたモンベル Mont-bellのステラリッジテント2型の新型と旧型の比較を綴ります。
どの時点での新型旧型を言われてるのか分からないと混乱するので、

この記事は2016年1月の記事。
新型は、2015年末に購入のステラリッジテント
旧型は、2014年頭に購入のステラリッジテント
です。

ステラリッジテント2型 新型 #1122476
ステラリッジテント2型 旧型 #1122421

の比較。

※2016年4月8日公開 追記記事
ステラリッジテント最新型(2016年春頃に出たモデル)と新型(2015年モデル)の比較
文末にリンクがあります。合わせてご覧ください。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 数字的に

またアナログの表ですみません。

______旧型ステラリッジテント2型___新型ステラリッジテント2型
品番________1122421___________1122476

購入時期______2014年頭___________2015年末

重さ(kg)______1.42_____軽くなる_____1.39
総重量________1.65_____軽くなる_____1.57

正面幅(cm)_____130______同じ______130
側面長さ_______210______同じ______210
高さ_________102______高く______105

入口幅(cm)_____90______広くなる_____95
入口高さ_______70______高くなる_____77

前室長さ(cm_____55______同じ_______55

※総重量は、ペグ、張り綱、スタッフバッグを含む重さです

※2020年10月現在
〜ステラリッジテント2型本体(品番#1122649) ¥29,200 +税
ステラリッジテント2型フライシート(品番#1122654) ¥12,000 +税
総重量(ポール、レインフライ(別売)、ペグ、張り綱、スタッフバッグ含む)が 1.43kg とあるので、当記事のモデル2者より軽くなっているようです
(以前とは異なり、本体とレインフライが別売りになっています)
最新情報はメーカーサイトをご確認ください〜

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

旧型から新型にかけて、

重さが軽くなっている
高さが高くなっている
入口が高さ・幅ともに広くなっている

ということが数値でわかりますね。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

左が、ステラリッジテント2型 旧型
右が、ステラリッジテント2型 新型

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画的に

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

ステラリッジテントは、2本のポールをクロスしてテントを張るのですが、
写真の、テントポールの端を収める箇所にあたる角のベロ(スリーブエンド)の構造がまず大きく変更されています。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

これは、旧型のスリーブエンド。
テントの四隅ともこのタイプなので、四ヶ所すべてうまくはめ込む必要があります。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

こちらが、新型のスリーブエンド。
オートセットアップスリーブエンドというらしいです。
正面側じゃない反対側の2ヶ所がこの作りに変更されています。

テントを張る時に、
正面からテントポールを送り込んでいけば、後ろのスリーブエンドにオートセットアップ、まさに自動ですっぽり収まるというもの。
これは、旧型のように4ヶ所移動してポールをきっちり収める必要がないので非常に便利ですね。

旧型の場合は、収めたつもりでも抜けたりしていて反対側へ行ったり来たりと結構煩わしかったりします。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

リフレクティブ張り綱
新型には、この明かりで反射する素材の含まれた張り綱が標準装備。
旧型は、反射しない張り綱が標準装備です。

これは、真っ暗な山やテントサイトでもヘッドランプの明かりなどが反射して目立つ仕組みになっています。

旧型の反射しない張り綱では、闇夜の中で見えずに足を引っかけたりすることが多々あります。
新型を知る前に、この点は個人的に反射する綱に変えて使っていたので改善されて何よりと思います。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

旧型のフライの丈、

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

新型のフライの丈、

写真ではよくわからない上、正確なデータはわかりませんが、
見た感じ、張った感じで新型のフライシートの方が丈が長くなったと感じます。

フライが長い方が横からの風雨の吹き込みが緩和できるので、改良してあるのかもしれません。それか旧型が劣化で縮んでいるのか?

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

その他に、
旧型のロゴは青。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

新型のロゴは白。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

旧型のエンブレムは青ベース。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

新型のエンブレムは白ベース。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

旧型のフライは凍る。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

新型のフライはそうでもない。

この差もフライの劣化からかわかりません。素材的には、引き裂き強度に強いバリスティックナイロンという素材が加わったようですが・・・。

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較 画像

そんな感じで、ステラリッジテント 新型 是非欲しいですね。
自分はまだ購入していません。

旧型新型の差で個人的に一番良いなと思った部分は、「入口/開口部が広くなった」点ですね。
見比べると、旧型の入口はやたらと狭く感じます。
比較すると旧型は、結構くぐる。「入る」ではなく「くぐる/もぐり込む」感じのする出入り口です。
その分、気密性が高いのかもしれません。

引き続き、
初めての登山でも、おすすめな登山用テントです。

※2016年4月8日公開 追記記事
ステラリッジテント最新型(2016年春頃に出たモデル)と新型(2015年モデル)の比較
合わせてご覧下さい。 monochicken.com

ステラリッジテント新型(2015年末購入分)と旧型の比較
ステラリッジテント2型 #1122476(モンベル)

メリット
ただでさえ軽いステラリッジがより軽く
入口/開口部が広い
新型のスリーブエンドは魅力的
張り綱の改良もgood
ロゴが白でかっこいい

設営は検証しましたが実際にその中で様々な条件の下、生活をしていないのでフライの丈や入口/開口部の広さがどう出るかは分からないところになります。

※2020年10月現在 ステラリッジテント2型 品番
本体 #1122649
レインフライ #1122654
エクステンドレインフライ(前室が広いフライ) #1122701

最新情報はメーカーサイトをご確認ください

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク

error: