プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4)

この記事は約 3分で読めます

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

oリング交換しなければと長い間思っていましたが
つい放置してしまって 13年が経っていました。
プリムス P-153/ウルトラバーナー

※ 2008年から使用 2021年交換

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

もちろん山に入る前にはガス漏れや動作のチェックはしていたのですが何もなかったので
oリングを一度も交換せずにここまで使い続けてしまったのですがようやく交換しました。

個人的な備忘録としてここに残します。

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

目次
oリング4 対応機種
oリング4 交換記録
あとがき

プリムス oリング 13年目の交換

oリング4 対応機種

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

プリムス P-153 ウルトラバーナーに対応する oリングは「oリング4」

メーカーサイトに対応表がありますが、
(2022年1月現在)oリング1〜5まで存在するので適正のリングを選ぶ必要がありました。

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

対応リングを探すために自分のバーナーの正確な型番が必要ですが、
P-153に関しては本体自体に型番の記載がないと思われるので
箱か、バーナーについていたプレートで確認できました。

不明な場合は、画像を撮ってメーカーさんに問い合わせるのが確実かもしれません。

oリング4 交換記録

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

13年目の oリングはこんな感じでした。

(画像のように手持ちのバーナーのバルブ脇に O4 のような印字があることに気づきましたが、これが適応リングのことを表しているのかは分かりません)

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

使用頻度、保管環境等で劣化度合いもさまざまと思われますが
メーカーページでは「定期的に交換するようにしてください」とありました。

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

古い oリングを取り出すのですが、爪楊枝では強度がなくダメでした。

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

説明書通りに安全ピンなどを「突き刺して」、そして細い棒を引っ掛けて取れました。

バルブ内を傷つけないように注意しました。

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

左が 13年物。
右が 新品。

暗い画像なので分かりにくいですが、
古いのはツヤがないのと、新品と比べた場合 やや硬化していると感じました。

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

バルブ内はこのようになっていたのですね。

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

新しい oリングを入れます。

バルブ内と、リングを傷つけないように先が鋭利でないもので押し込みました。

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

ガス漏れ、動作テスト。

問題なしでした。

あとがき

oリングの購入は いくつか店舗を見て回ったのですが無く、通販で購入しました。

一袋に 2つのリングが入っています。

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

左 13年物
右 新品

「定期的に交換」という加減が私には難しいので
山に入る前のチェック、つまり

プリムスのoリング【13年目】の交換記録 P-153 ウルトラバーナー(oリング4) 画像

ガス漏れや動作具合、そして目視確認などを引き続き行っていきたいと思います。

※ 関連記事
普通のCB缶 結局何度くらいまで使えるのか 画像20枚ほど 初冬約2ヶ月のテント暮らしからの適当な記録

ユニフレームのすぐ使えるバーナー「ミニバーナー US-700」【当サイト内まとめ記事】【4記事】
monochicken.com

error: