登山/アウトドアにあるととても役立つ絆創膏の携帯のすすめ

この記事は約 3分で読めます

今回は、絆創膏

「いちいちそんなものを!!」と思われるかもしれませんが、このサイトは登山やアウトドアが初めての方に主に向けていきたいのでどうぞご了承いただければと思います 。絆創膏は、必ず持ち歩くべきモノと自分の中ではカテゴライズされているので取り上げていきます。

絆創膏

絆創膏 おすすめ 画像

人体の傷に絆創膏

おそらくこれが正しい使い方でしょう。

登山中などに、何かとアクシデントで指を切ったり擦りむいたりささくれや靴擦れができたりします。
特に、
登山中のささくれ
自分だけかもしれないのですが、登山中にささくれがよくできる気がします。乾燥なのかビタミンが不足するのか・・・長い旅や2,3日の縦走等で山や外にいる場合に目立ってささくれができる気がします。
爪切りを持ち歩いているのであればそれでカットするのがベストですが重量を比較すれば絆創膏の方が軽い。

ささくれは、グローブの脱着、ポケットのモノを取り出す時など・・・もう地味に痛くて何かとストレスになります。

そんな時は、絆創膏

そして、
登山中の靴擦れ
多くの方が経験あると思われます登山中の靴擦れ
歩くしか方法のない登山で靴擦れは大敵。

そんな時は、絆創膏

靴擦れにはテーピングがおすすめですが、自分は絆創膏も合わせて使っています。

「おかしい」
「ぴりぴりする」

と思ったら即、絆創膏などを貼ると防げることがよくあります。ポイントはひどく痛む前に措置をすること。
自分はもうどこが擦れるかわかっているので事前に絆創膏とテーピングを貼って登りますが、初めての登山の方は靴擦れが発生するのかも、しかもどこが靴擦れするのかもわからないと思います。なもので絆創膏は持っていると安心です。

何でもそうですがストレスフリーの登山が一番楽しいです。

絆創膏 おすすめ 画像

モノの傷に絆創膏

このシール的な使い方も非常に助かっています。

写真は「ダウンジャケットを引っ掛けて穴が空き絆創膏を貼る」。
ダウンジャケットの縫い目や穴から高級な羽が飛び出していくのは残念過ぎます。

「うぁ〜 ・゚(*ノ´Д`)ノ *** 一羽50円が飛んでいく〜・・・」のような。

そんな時、すぐに措置を施すにも絆創膏を張るとgood。洗濯しても取れない素晴らしいモノでした。

絆創膏 おすすめ 画像

写真は「自分の中で最高級ダウンシュラフの初めての使用日にバーナーに当てて溶かしできた巨大な穴に絆創膏を貼る」。

「うぉ〜 ヽ(; ´Д`)ノ*** 一羽100円がことごとく飛んでいく〜・・・」のような。

しかも一週間位の縦走を見込んでいた初日・・・巨大な穴空き状態では突き進めない・・・。
そんな時にも安心の絆創膏

そんな感じで傷に、ささくれに、靴擦れに、穴埋めシールに・・・と色々役に立つ絆創膏はおすすめです。

登山/アウトドアに絆創膏携帯のすすめ

メリット

人体に限らず、モノの傷補修にも役に立つ
テーピングとは異なり「ガーゼ」がついているのが絆創膏の良さ テーピングと比較してそこに使い方の差が出る

デメリット
剥いた紙が静電気でくっつく
ゴミが出る

評価
★★★★★(5中5)

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: