登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 命の卵

この記事は約 4分で読めます

今回は、
卵ケース、またはエッグホルダーと言うのでしょうか。
卵を持ち運ぶモノについてです。

卵は栄養価が高く、
ラーメンに入れても煮ても焼いても美味しい。登山やキャンプ時にあると食のバリエーションが増える貴重な食材ですね。
しかし、その性質上「割れる」ので「そのままの携帯」には適しません。
バックパックの中で卵が割れれば悲惨この上ないですね。

そこで登山やキャンプなどでもおすすめで安心して持ち運べる卵ケース/エッグホルダーを取り上げたいと思います。

登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 命の卵 画像

卵は命 命の卵

今回おすすめするアイテムは、

登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 画像

コフランのエッグホルダー
COGHLAN’S 2 Egg Holder

コフランのエッグホルダーは2個、6個、12個タイプとあるようです。
今回は 2個タイプ。

※関連記事(2018年2月12日up)
「ロゴス トレックエッグホルダー」 vs 「コフラン 2エッグホルダー」 画像26枚
monochicken.com

登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 画像

簡素な作りです。
中にぐらつき防止の弁だか、緩衝のための弁だかが付いてます。

登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 画像

このポッチに、

登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 画像

これを噛ませて、

登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 画像

パチッと閉じるだけのモノです。

この接合部はすぐダメになりそうだ…と思っていたのですが、作りはしっかりとできていていまだ壊れていません。

この取っ手があるので開けやすいです。

登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 画像

蓋は一体型です。分離できません。

ここの接合部もすぐ切れるかな…と思っていたのですが、作りは思った以上にしっかりとできていますね。
ケースを手で潰そうとしても、ベコッとは一切いきません。それほどしっかりした強度があります。
押しつぶされて割れることはまずないでしょう。

登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 画像

個人的には、
長期旅長期縦走長期自転車旅を想定して、6個程は卵を持ち歩きたい考えがありました(1日2個は食いたい)。
そこで自分は、
6個タイプを1つではなくて、「2個タイプを3つ」入手。
もちろん、バラ買い状態になるので値段は高くなりますが、バラの方が携帯性が高いかなと。
2個だけ持って行きたい場合は、空の無駄なボリュームを携帯しなくて済みますし、
6個持ち歩くにしても 2個タイプx3 の方がバックパックなどの隙間を有効に使えるから、という考えです。

登山やキャンプにおすすめの卵ケース/エッグホルダー 卵は命 画像

卵ケース/エッグホルダー
登山やキャンプのお供におすすめです。

コフラン 2エッグホルダー

10.2 x 5.5 x 8 cm
25g
プラスティック
黄色
税込 ¥432
コフラン様webより 2018年2月12日現在

※Amazonでは2エッグホルダー 見つかりませんでした(2018年8月31日現在)

よく比較されるのが、

ロゴス トレックエッグホルダー

10 x 5.5 x 7.3 cm
約30g
ポリエチレン ポリプロピレン
薄い白色
税別 ¥520
ロゴス様webより 2018年2月12日現在


大きさはほぼ変わらないとして、接合部の作りも一緒のようですね。
コフランがやや軽く、値段も安い。
ロゴスには、コフランの取っ手みたいのがない?ようなので開けやすいのかはわからないですが、レビューなどで「開けにくい」とは特になかったようなので問題はない?
ロゴスの半透明っぽい樹脂の強度も気になります…。

いずれにせよ冬季使用はまだなので、氷点下などで素材の樹脂がどうなるかわかりませんが卵は命 命の卵です。

※関連記事(2018年2月12日up)
「ロゴス トレックエッグホルダー」 vs 「コフラン 2エッグホルダー」 画像26枚
monochicken.com

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: