リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果…

この記事は約 6分で読めます

モンベルのバックパック

リッジラインパック

画像21枚を使って紹介してみたいと思います。
最後にモンベルのバックパック/リッジラインパックを使ってみた結果…とリッジラインパック各種一覧を記載します。

目次
リッジラインパック40 画像21枚
リッジラインパック40 個人的考察 使ってみた結果…
リッジラインパック 各種一覧(2017年12月25日現在)

今回取り上げるのは

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

リッジラインパック 40

リッジラインパックは2017年12月25日現在 30,40,55,75リットル の4サイズあるようです。
ここでは「リッジラインパック40」を取り上げます。


ではいきます。
(個人的に気になる箇所は △印、良いところは ◎印 を付けます)

まずはリッジラインパック表面

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

両サイドに
ベルトとポケット

△ このポケットは浅いため、ストックホルダーにはなりますが、ドリンクホルダーには不向きだと思いました

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

アックスループ?ピッケルストラップ?

◎ 2セットあります

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

リッジラインパック 上面

△ 雨蓋タイプではありません

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

ポケット1

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

ジップを開くとガバッと上面が開きます

上蓋の内側に小物ポケット1(外ポケットとは通じてません)

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

開けたところの内側にもメッシュの小ポケット1

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

リッジラインパック 底面

◎ 底面に補強はありませんが、全体として生地のタフさはgoodです

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

リッジラインパック 背中面

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

◎ スタビライザーでバックパックと背中のフィット感は良いです

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

チェストベルトは上下可動

引っかかっても首を絞めないような 遊び あり

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

ウエストベルト?ヒップベルト?

厚さはありませんが、ホールド感はあります

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

ベルトを閉じた時に、

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

どのバックパックでもこの「余るベルト先」があまり好きではなかったのですが

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

◎ ベルト収納フックのようなものがあってこれは素晴らしいと思いました

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

◎ ウエストベルトにもスタビライザーが付いているのでフィット感はさらに良いです

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

◎ この背面パッドは確かに蒸れにくさを感じました
(アタックザック含め、現在手持ちの4つのバックパックと比較して)

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

背中面の上の方のジップポケットに

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

レインカバーあり

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

リッジラインパックは一枚生地構成がポイントのようです
なので縫製箇所が少なく軽量化に繋がり、そして防滴性に優れるためカバーはトップ部のみとなるようです

◎ そんな仕様なので、ベルト部なども保水しにくい素材が使われています

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

ただし、ここのバックパネルとの継ぎ目のみシームテープは施していないようなので雨の侵入は注意のようです

背負っててここから雨が吹き込むことはそうはないと思うので、雨の中バックパックをデポする時に背中面を上にして放置しなければ良いだけだと思います
これはリッジラインパックに限りませんから特に問題はないと思います

リッジラインパック 40 個人的考察 使ってみた結果…

メリット
・各所の作りはとても良いと感じました(さすがモンベルなのでしょうか、耐久性はしっかり感じます/軽くて丈夫 1,100gは確かに軽い)
・高い防滴性でレインカバーが煩わしくなるような町使い等にはとても良いと思います(デザインもシンプルで町使いに違和感がない)
・ウエストベルト収納フックは良いと思います
・リッター表示についてリッジラインパック40は自分の持つ別バックパック40より確実に容量はあると感じました(メーカーによって基準値に差が大きくあると思います)
・ショルダースタビライザーは大概あるような気がするのですが、ウエストベルトスタビライザーは初だったのでこれは良いなと思いました
・背中の蒸れ感は低いと思いました
リッジラインパック40のみ背中の金属フレームを曲げて自分の背中に合わせられるためフィット感はとても良かった

デメリット
・雨蓋がないバックパックを初めて試みたのですが、やはりアウトドアには雨蓋が欲しい
・1気室に慣れていないせいか使いづらかった(アクセスは上からのみ、サイドからも入り口なし)(下のモノを取り出すのに全部出さなければならない)
・サイドポケットが浅いためドリンクを収納できない(出来なくはないのですが落ちそうで心もとない)
・引っ掛けるところは多くあるため、拡張には向いてると思います しかし個人的には外付けは好まないので合わなかった
・背面ポケットもないため収納の小分けに乏しさを感じてしまった
・モンベルの何を知っているわけではないのですが、モンベルにしては値段が高いと思った(グレゴリーの40バックパック等に匹敵する価格設定)
ですが、
それほど良いテクノロジーが入っているということなのかもしれませんね

リッジラインパック/モンベル 画像21枚 リッジラインパック40を使ってみた結果... 画像

収納力を上げるための一つとして別売りのモンベルの「ギアホルダー」が付けられます
リッジラインパック30,40,55,75 全て対応)

※関連記事
ギアホルダー/モンベル 付け方(取り付け)画像29枚 バックパック外付けアイテム
monochicken.com

以上な感じで自分のアウトドアスタイルにはマッチしなかったので「手放した」一品になりましたが、
モンベル リッジラインパック 価格に見合った確かなバックパック」と感じました。


おまけ
リッジラインパック 各種一覧(2017年12月25日現在)
(容量数字で表記)

表1
容量(l—価格(¥—カラー —サイズ(cm—重さ(g—背面長(cm
30—–16,500—–3—–58×26×22—–600—–53
40—–22,500—–2—–68×33×24—–1,100—–53
55—–27,000—–1—–75×35×25—–1,410—–49/53/57調整可
75—–29,000—–1—–82×38×28—–1,480—–49/53/57調整可

表2
容量(l—ハイドレショーン—特徴
30—–可—–・背面パッドが抜け座布団にできる、背面パッドを抜いてアタックザックとして良いかもしれませんね・簡易ウエストベルト収納可(30のみ)
40—–可—–・背面の金属を曲げてフィット感を上げられる3Dフィットステー採用(40のみ)
55—–可—–・背面長を調整できる(55/75のみ)
75—–可—–・背面長を調整できる(55/75のみ)

※表記を間違わないように注意していますが、変更などに即時対応できないため最新の情報はモンベルのサイトなどでご確認ください

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: