登山/アウトドア 機能からみるおすすめの多目的ナイフ ビクトリノックス比較

この記事の所要時間: 627

今回は、「ナイフ」。
ポケットナイフ、多目的ナイフ、万能ナイフ、十徳ナイフ、アーミーナイフ、マルチツール・・・色々呼び名はあるようです。

「折り畳めて携帯性に優れ、ナイフ機能以外にもいくつかの機能があるツール」のことを取り上げたいと思います。

登山/アウトドア 機能からみるおすすめの多目的ナイフ ビクトリノックス比較 画像

多目的ナイフはあると非常に便利。
山にも自転車旅(キャンプ)にも必需品となっているアイテムです。

細かく言えば、その各シーンで必要になりそうな機能は異なってくるとは思いますが経験上、登山と自転車旅(キャンプ)に特化した説明となりますことご了承ください。

※関連記事
登山ナイフはエクセルシオール!そして旅ナイフはキャンパーに確定した!ビクトリノックスナイフ個人的見解2018
monochicken.com

スポンサーリンク

必要と思われる多目的ナイフの機能

ナイフ ブレード 刃

パンを切る
野菜を切る
手で開かない袋状のものを開けるために切る
靴擦れ予防のテーピングを切る
メンテナンスや吊るために使うヒモを切る
リペアシートなどを適度なサイズにするために切る
箸を忘れた時に枝を削ぐ
バターなどをパンに塗る
ヒモの先端がばらつかないように、火で溶かしたヒモの先端を刃の腹で押しつぶす
手に刺さったトゲを刃の先端でほじくり出す
プラスチック製品を削る改造する

など・・・食料系はもちろんのことメンテナンスやリペアなどの部分で意外と活躍します。

缶切り

今や多くの缶詰がプルトップ式になっているとは思いますが、食べたい缶詰やもらった缶詰がプルトップでない場合、非常に困ることになるので缶切りはあると便利です。
もし缶切りがない場合、
蓋を開ける代替の技が思い浮かばないのであると便利です。

栓抜き

瓶ビール、ボトルビールなどを飲みたい時にあると便利。
もし栓抜きがない場合、
手元にあるものや何かの角で開けることはできますがあると便利です。

コルク抜き

個人的には、この機能が欲しかったと思う場面が何度もありました。
もしコルク抜きがない場合、
コルクを抜く代替の技が思い浮かばないのであると便利です。

簡単に言って、
以上の機能以外は、個人的には特に必要と感じていません。他のマルチツールに搭載されていたハサミやヤスリはまず使うことはありませんでした。

登山に限ってのみ必要と思われる多目的ナイフの機能

ナイフ機能以外必要ない?

と正直思います。
登山シーンだけで言えば、ナイフ ブレード 刃 機能以外の必要性を感じた時がありません。

登山に行くにあたっては基本、前もって計画し食料などをじっくり選んで登山に行くと思います。

もし缶詰を持って行きたいならプルトップの缶詰にすれば良い。
瓶ビールは重くてまず持っては行かない。
ボトルワインも重くてまず持っては行かない。

となると、
ナイフ以外の機能が必要ではなくなってると思います。

しかしそれが、あまり町のない・店のないような旅やキャンプになるとそこにある唯一のお店の商品で選ぶしかない。食べたいもの飲みたいものがあるだけで素晴らしい、でも開ける形状のことまでは選べる選択肢がない。となると上記したナイフ以外の機能3つがあると便利になってきたりします。

自分の長年使っているナイフを紹介します。

ビクトリノックス VICTORINOX「ソルジャー CV AL」

※文末にビクトリノックス VICTORINOXスタンダードスパルタンシルバーテック」との比較があります

登山/アウトドア 機能からみるおすすめの多目的ナイフ ビクトリノックス比較 画像

サイズはこれ程。

登山/アウトドア 機能からみるおすすめの多目的ナイフ ビクトリノックス比較 画像

機能は、
ナイフ、缶切り、栓抜き、リーマー(穴あけ)

※キーリングに付いている笛は、付属してません 個人的に付けているだけです

登山/アウトドア 機能からみるおすすめの多目的ナイフ ビクトリノックス比較 画像

ナイフ
切れ味はかなり上等です。

缶切り
先端はマイナスドライバーとしての機能もあるようです。

登山/アウトドア 機能からみるおすすめの多目的ナイフ ビクトリノックス比較 画像

栓抜き
こちらも先端はマイナスドライバーとしての機能もあるようです。

リーマー(穴あけ)
使い方がよくわかりません。なので使っていません。

この ビクトリノックス VICTORINOX 「ソルジャー CV AL」 はもう何年も前に購入したのでもう無いのかと思いきやまだまだある現役な商品でした。
まさに必要最低限の機能とでもいうのか無駄がなく重宝。

あまり小さ過ぎても使いづらいし、無くし易くもなります、そして大き過ぎても携帯性が損なわれる。
なのでサイズ的にも手のひらサイズくらいが使い勝手が良いのかもしれません。

登山/アウトドア 機能からみるおすすめの多目的ナイフ
ビクトリノックス VICTORINOX 「ソルジャー CV AL」

メリット
自分が欲しい必要最低限の機能で無駄がない
シンプル
頑丈
安い

デメリット
リーマーがコルク抜きであってほしかった

評価
★★★★(5中4 コルクを抜きたいため)

余談で、ナイフのブレード 刃をしまうときに気をつけないと、

登山/アウトドア 機能からみるおすすめの多目的ナイフ ビクトリノックス比較 画像

指をはさんで結構切れてくれます。

サイズが近く、重量や機能面を色々見た中でもし買い替えるなら、

ビクトリノックス VICTORINOX 「スパルタン シルバーテック」

メリット
自分のソルジャー CV ALより軽くてスモールブレード(小さい刃)とコルク抜き搭載♪コルク抜きは、固く締まったロープの結び目を解くのにも使えます
・・・もう完璧かもしれません

デメリット
ソルジャー CV ALより ¥200 高い

評価
使ったことがないので無評価でお願いいたします

※比較表
商品名(型)_____長さmm_幅mm_重さg_値段¥_機能_
ソルジャーCVAL_____93___12__71__3500__8_
(0.8201.26)

スタンダードスパルタン
シルバーテック_____91___14.5__59__3700__12_
(1.3603.T7)

ソルジャーよりシルバーテックの方が、
長さが短く、重さが軽い。幅と値段と機能は増える。

ソルジャーはハンドルが金属。シルバーテックはハンドルが樹脂。

ソルジャーCVAL機能8
ラージブレード(大刃)
リーマー(穴あけ)/パンチ
カン切り
マイナスドライバー 3mm
せん抜き
ワイヤーストリッパー
マイナスドライバー 5mm
キーリング

スタンダードスパルタンシルバーテックには上記に加え、
スモールブレード(小刃)
コークせん抜き
ツースピック
ピンセット
の計12機能。

※関連記事
登山ナイフはエクセルシオール!そして旅ナイフはキャンパーに確定した!ビクトリノックスナイフ個人的見解2018
monochicken.com

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!