初めての登山 山での歩き方/休憩などについてのヒント

この記事は約 5分で読めます

今回は、山での歩き方と休憩についてです。
ざっくり簡単にいきましょう。

まずは、

山での歩き方

初めての登山 歩き方・休憩 おすすめ(なのかもしれない) 画像

小股で歩く

「歩幅・ステップを可能な限り小さく小さく歩く」ということです。

島崎三歩も初めての登山のナオタに言ってました。

「登るのはキツい。だからチョロチョロ歩くんだよ。」
「大きく踏み出した方がまっすぐだし速い。でもそれじゃ足がもたないからチョロチョロチョロっと歩くんだな。」 岳 14巻 より

具体的に言うと、
前後の歩幅を極力小さく、そして段差での足の上げ下げも極力小さくするという感じです。意識して前後上下の動きをすべてを小さくする。

そして、
ゆっくり歩くこと。
これは余分な汗をかきにくくするためにも重要だと意識しています。汗冷えは山やアウトドアでは耐え難い寒さ、低体温にもつながるので余分な汗を極力かかないようにするためにはゆっくり歩くことが重要だと思います。

急いで歩くことは、十分な判断が出来ずそのミスから事故につながり易くもなります。
そして、
特に下山時に急いで降りると膝を壊してしまうことがあります。
普段は歩かないような長い時間を歩くことで目に見えない負担が蓄積されています。さらにはその長い時間を、重い荷物を背負って歩いています。

登山での歩行は「負荷と時間」が通常の生活ではないものになっています。
そのことを意識しておかないと負荷をかけ過ぎて大事な膝をいつか壊してしまうことになりかねません。

ゆっくりのんびり歩くことをおすすめしたいです。

小股で歩くことの効果

疲れ
細かいステップ、小股で歩く方が疲れにくいです。膝への見えない負担も小さくなります。
さらに、
大きいステップでは、そのムーブが大きくなり背中のバックパックも暴れ易くなり、それを制御しようとするため体に負担が出てきてしまいます。なので背中のバックパックを暴れさせないためにもステップ・歩幅を小さく歩くことにメリットがあると思います。
安定感
大きいステップより体の安定度も増します。小股になっているため重心がぶれにくい、加えバランスを崩したとしてもすぐにフォローが効くなど総合的にバランスを崩しにくくなります。

小股は小さいムーブになるために、大股の大きいモーションより余分な汗をかきにくくなります。
靴擦れ
小さいステップにより靴の中での擦れ、動きも軽減されるため靴擦れも比較的しにくくなります。

一概に疲れにくい歩き方となりますが、色々とメリットがあります。

小股で歩く例

小股で歩くために・・・、
仮に 1m 幅の登山道を歩いているとして、その 1m 幅の中で極力ステップが小さくできるところを選んで歩き続けることになります。

初めての登山 歩き方・休憩 おすすめ(なのかもしれない) 画像

こういう場面であればもちろん小さい段差を選びますが、

初めての登山 歩き方・休憩 おすすめ(なのかもしれない) 画像

このような場面でも、

初めての登山 歩き方・休憩 おすすめ(なのかもしれない) 画像

真っすぐに行けそうな、特になんてことなさそうな道の場面でも、
ジグザグに蛇行して歩くことが出てくることがあります。真っすぐに行くよりジグザグに歩いた方が楽なことがあるということですね。

限られた幅の中でどこが「より段差が低いか」を探して歩く・・・ようなイメージを持っていただければと思います。

登りだけと限らずに下りも、
山での歩き方は基本「ステップを小さく」。

山での休憩の取り方

初めての登山 歩き方・休憩 おすすめ(なのかもしれない) 画像

休憩の頻度

まめにとることをおすすめしています。
長くても1時間には1度の休憩を個人的にはおすすめします。5分10分程度の小休止ですね。休憩の頻度は多いに越したことはないと感じます。

休憩する場所

他の登山者の通行の邪魔にならない場所、落石などの可能性もない場所を選んでまめに休憩をとりたいですね。
そして、
特に「風を極力かわせる場所」での休憩が望ましいです。風がある場所では、寒過ぎて全く休憩にならないことがよくあります。

休憩の効果

登山は楽しいことばかりでもありません。重く寒くツラい山行も多々あります。そんな中、まめな休憩によって精神的にも肉体的にもリフレッシュできてがんばれたりもします。
そして、
まめな休憩によって、目に見えない膝などへの過度な負担も緩和できたりもします。

休憩のポイント

バックパックを降ろす
バックパックを降ろし軽く体を動かすことで、各所のダメージが緩和されるのがわかります。都度、重いバックパックを降ろしたり背負うのは大変なのですが、それでも必ず降ろすと肩や腰が劇的に楽になります。

羽織る
「行動中は暑く、その汗によって休憩すれば極寒」という場面は多々あります。
バックパックを降ろしたら即、何か上に羽織り汗冷えを軽減させるのもポイントの一つです。なのですぐ出せるところに上着を装備しておくと便利です。

そして、
行動食を摂る
そのまめな休憩ごとにでも、少量ずつ一口でも何かを食べることをおすすめします。
空腹やエネルギー切れは、力が出なく集中力にも欠けてきます。集中力の欠乏は、容易に事故に直結するので何かをこまめに少しずつ食べたいですね。

初めての登山 歩き方・休憩 おすすめ(なのかもしれない) 画像

amazon 検索できます↓

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: