危険/リスク その1 初めての自転車旅 自転車の重さ/下り坂(スピード/路面の状況)/ケツの痛み

この記事は約 5分で読めます

今回は、自転車旅における危険/リスクにはどのようなものがあるのか体験を元に取り上げてみましょう。

初めての自転車旅をする上で、一つのイメージとなってくれればと思います。
シリーズとして、1から3でまとめようと思います。

危険/リスク その1
自転車の重さ
下り坂(スピード/路面の状況)
ケツの痛み

その2
危険地帯

犬追われ

その3
水不足
日焼け
盗難

自転車の重さ

危険/リスク その1 初めての自転車旅 自転車の重さ/下り坂(スピード/路面の状況)/ケツの痛み 画像

自転車旅を始めてみてまず危険/リスクを感じたことは、「自転車の重さ」。
自分の場合は、旅をキャンプでまわる予定であったのでテントや生活用品一式を自転車に搭載し出発しました。
総重量は計っていないのでわからないのですが、行く先々で「すげぇ荷物だ」と言われ続けたので相当な重さだったと思います。

自転車の重さ
初めてすべての荷物を搭載して動かした時は、ぐらぐらと押すのもやっとで「こんなんで旅できるの!?」と速攻泣きが入ったことを今でも思い出されます。

勇気を持って走り出してスピードに乗ってしまえば、「意外といけそうな気がする!?」とも思ったりもします。
ですが、
加速時や減速時などのスピードが出ていないときは特に、ハンドリングがおぼつかなくなりました。
常に前を向いてしっかりとハンドルを押さえ込んでいないとフラフラしてしまい、路肩にはまったり、車道の方に行ってしまったりと大変危険でした。

車線変更時などでの目視確認のため視線を前から反らすと、その重さのためバランスを崩してハンドリングが不安定になることが多々ありました。余談ですが、それでサイドミラーはあると便利と痛感したところです。

集中してしっかりと前を向いて漕ぐことが必要だと感じました。

※体験より
目視確認でもそうですが、景色などの脇見でもその重さよりハンドリングの不安定が起こるので注意していました。
ハンドリングの安定を取るため、ハンドルを押さえ込み走り続けたためだと思うのですが、その日の夜には箸が持てなかったり、ケツが拭けないなど多々握力が無くなりました。

下り坂(スピード/路面の状況)

危険/リスク その1 初めての自転車旅 自転車の重さ/下り坂(スピード/路面の状況)/ケツの痛み 画像

下り坂でのスピード制御と路面の状況について。

スピード
これも最初は非常に恐怖でした。
初めてスポーツ自転車というモノに乗り、旅を開始。ブレーキの掛け方、ハンドルの握り方もイマイチわからない。
そのためブレーキをしっかり握れずブレーキがよく利かない、重い自転車のため下り坂でどんどん加速してしまう…恐怖過ぎました。
最初は怖くて、せっかくの下り坂も泣く泣く降りて押し歩きしていました。

その後旅を続けるうちにドロップハンドルの下の方から握るとブレーキレバーをしっかりと握れることに気付き、徐々にスピードを制御できるようになりました。

多少慣れた頃でも、下り坂でのスピードは命がけ。
コーナーの続くような下り坂では、スピードを出し過ぎると曲がれず危険、そして実際にはありませんでしたがブレーキがそのスピードに耐えきれずぶっ飛んだ場合、もう「壁に突っ込む」か「転ぶ」か「崖から飛ぶ」しか想像できないので大破/木っ端みじんになる画しか浮かびませんでした。それはもう恐怖です。
なのでどんなに長い下り坂でもぶっちぎらずに、適度に何となくポンピングブレーキの要領で両ブレーキをかけ制御していました。(調子に乗ってノンブレーキの時も多々ありましたが…)

※体験より
過度のスピードやブレーキ破損で事故を起こしたことはありませんが常にその恐怖は拭えず気をつけています。あの下り坂での60kmくらいのスピード、そしてあの重量で止まれずに吹っ飛べば木っ端みじんです。

路面の状況
上記のスピードとも関連してくるのですが、路面の状況です。
日本の道路と違ってアメリカの自分が走ったような道路では、ガラスの破片/角材や車のタイヤの引きちぎれたモノなどの落下物/石/穴/昆虫というのが多々路面にありました/いました。
特にガラスの破片は多かったような気もします。

平らな道での走行でも、これらのモノは大変危険なモノです。
よくよく路面を見ておかないと大事故になったりします。

上記のように下り坂でスピードを制御しておかないとこのような路面の状況に対処できず大変危険となります。

スピードに注意して路面の状況はよく見ておきましょう。

※体験より
路面のガラスの破片は、パンクにもつながりますし、落下物を踏めば転倒の危険性があります。そして穴と言えど、ひどいところでは手のひら2つ以上のサイズの穴も平気でありました。そこにスピードを出して落ちたら大事故必至です。蝶々やバッタなどの虫たちも路面にやたらといるようなところもありました。避けるのが至難の業で危険でした。

ケツの痛み

危険/リスク その1 初めての自転車旅 自転車の重さ/下り坂(スピード/路面の状況)/ケツの痛み 画像

サドルと接する面のお尻のでん部の痛みが凄かったです。
よく耳にする「股擦れ」というものはなかったので皮膚ではなく肉?骨?のケツの痛みが半端なかったです。
旅に支障をきたしまくりの大変なリスクでした。

ケツの痛み
自転車を漕ぎ続けるとケツが痛くなる、ということを全く知らずに自転車旅を開始。
レーパン(レーサーパンツ、ケツにパッドみたいのが入っているパンツ)や良いサドル、またはサドルカバーを使用してケツの痛みをブロックしましょう。

※体験より
でん部が痛くて痛くて、漕いでは立ち漕いでは立ちの乗り方をしたりサドルにタオルを巻いたりして何とか旅を続けていました。
85日間のアメリカ自転車旅のほぼ半分に差しかかった辺りでやっとレーパンというモノの存在を教えてもらい、それに加えスポーツ店でジェル入りのサドルカバーを発見しゲット、その後の自転車旅が快適になったことを覚えています。

amazon 検索できます↓

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: