意外と気付かない 自転車のライトの角度 に注意したい

この記事は約 2分で読めます

これは自転車旅だけでなく普段乗りでも気にしたいことなのですが、

自転車のライトの角度は気にしたい

意外と気付かないライトの角度 画像

自転車のライトが角度的に

ハイビームかロービームか

ということです。
これは、意外と意識しないと気付かないもの。

特に、
一人で広大なところを自転車旅していても気付きにくく、
ライトの点灯している自転車とすれ違わない限りなかなか気付きにくいものと思います。

ライトの角度が高くハイビーム状態になっている自転車が多いと感じます。
それでは相手の目をくらませてしまい事故になる可能性が出てくる、逆に安全ではなくなることがあります。
結構な照度が相手の目に刺さるのです。

ライトが点いた自転車とすれ違うとよく分かります。

車であれば恐らく多くの人がハイビームかロービームかを意識し、気をつけると思うのですが、自転車だと気にしない人がほとんどだと感じます。

ライトは相手に存在を知らせる効果はもちろん、路面を照らしその路面状況をしっかり把握するために必要なモノだと思います。
自転車の目線の高さ、歩行者の目線の高さ、車の目線の高さと様々ありますがライトの角度は下向きにしてお互いが、みんなが安全にいれるようにしたいですね。

amazon 検索できます↓

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: