登山/スポーツなどで次の日の疲労が劇的に違う「後ストレッチ」を絶対にすすめたい

この記事は約 4分で読めます

後ストレッチ(あとすとれっち)。

これは「後(あと)でするストレッチ」のことを勝手にそう言っています。

それまで後ストレッチを取り入れてなかった自分でしたが、
取り入れたことにより肉体的に劇的な差を感じたため特筆すべきものとして記します。
劇的です。

登山で下山をした時、
登山でその日の行程を終え、山小屋/テントに着いた時などに行うストレッチ
自転車旅やスポーツでも同様

その日の行程や運動を終えた後のストレッチを入念に

登山/スポーツなどで次の日の疲労が劇的に違う「後ストレッチ」を絶対にすすめたい 画像

おそらく多くの方が、
登山する前、体を動かす前にストレッチをする…というイメージを強く持っているかと思うのですが、その日の終わりの

後(あと)ストレッチ

がとてもとても重要でした。
むしろ余程激しい試合に挑む場合でない限り、後ストレッチの方が体験上重要な気がします。

自分はしばらくは、
その日の山行、その日の行程の終わりの後ストレッチたるものは何もしていませんでした。
しかし、実際に取り入れてみると

次の日の疲労が劇的に違う!

ということを実感しました。
翌日の筋肉の硬直、肩のコリなどその他もろもろも見事に消えました。
しつこいですが劇的に違います。

普段行わないような「重い荷物を背負って何時間も歩いた」という体の色々な疲労が翌日、
まるでゼロかのような感覚までになります。
後ストレッチをやるかやらないかでは翌日の動きに大きな差が現れました。

後ストレッチのその方法

真面目に言いますが、
「適当にやればいい」

とあえて言いたいです。

正しいストレッチ方法などがあるのかもしれませんが、型を気にすると覚えるのが面倒になったり、やることが億劫になったりしてきます。

余計なストレスによって取り入れることが面倒になってしまい、その結果「やらない」となってしまうことが一番もったいない。

自分の体の疲れているところなど自分にしか、そしてその時々でなければわかりません。マニュアルはないと思います。
だから適当にやればいいと言いたいです。
「適当に、ただやる」ことに大いに意味があると思っています。

その日の行程が終わったらテントや山小屋、家でも宿でも外でも体を必ずほぐすことをオススメします。

重いバックパックをずっと背負っていた背中、その肩や腰や腕、それを支えてずっと歩いてきた前モモ/裏モモ、膝、ふくらはぎ、股関節、足首、足の指、足の裏など全ての緊張を解いてください。
ピッケルやストックを使い続けた腕、指なども同様に。
登山では一定した同じ動きをし続けがちになります。使う部位、負荷がどうしても偏ります。

そこで
隅々まで伸ばしたり、回したり、揉んだり、動かしたりしてください。ただそれだけです。

そこにたまって滞ってる疲労物質を流してしまうようなイメージで。

30分でも1時間でもやればやる程、翌日嘘のように軽々しく動けました。
普段の山行などで、後ストレッチなど取り入れてない人がいざやってみるとその差が歴然と分かると思います。
自分がそうでした。
しつこいですが、本当に違います!

その疲労による筋肉痛などにもなりにくくなるため、長期での登山自転車旅にもとても有効になると思っています。

登山の途中のちょっとした休憩時でもバックパックをおろし、肩や腰を少しでも回すと体がとても軽くなるように一日の行程後の後ストレッチを取り入れると翌日の体が劇的に軽くなります。

後ストレッチによりゆっくりとその日の疲れを取り、翌日に備える」
そのためにもやはり「早着」することをおすすめします。

参考記事
初めての登山自転車旅 早出早着の大きな意味合いmonochicken.com

※2019年12月追記

登山/スポーツなどで次の日の疲労が劇的に違う「後ストレッチ」を絶対にすすめたい 画像

ノートレースの雪山を数日歩いてました。
冬山装備はもちろん、テントを担いで山に入ったのは半年ぶり。

冬至の頃の山行だったため17時には闇に包まれてました。

夜が長いのもあり食後の胃休め、そして寒さ緩和も兼ね、1時間以上は毎日後ストレッチをしていました。
伸ばしたり、さすったり、もんだり。

久々な上、間違いなく足腰等の弱い類の人間ですが、筋肉痛は全日ゼロでした。
自分でも不思議で仕方ありませんでした。

相変わらずこの後ストレッチの効果に脅威を感じ追記しました。

登山/スポーツなどで次の日の疲労が劇的に違う「後ストレッチ」を絶対にすすめたい 画像

おかげで山を十分に楽しめました☆

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: