危険/リスク その1 初めての登山 ねん挫/膝の痛み/靴擦れ/水不足/ハチ/クマ/ヒル

この記事は約 7分で読めます

今回は、登山における危険/リスクにはどのようなものがあるのか体験を元に取り上げます。

初めての登山をする上で、一つのイメージとなってくれればと思います。
シリーズとして、1から3でまとめようと思います。

危険/リスク その1
怪我1(ねん挫/膝の痛み/靴擦れ)
水不足
生き物(ハチ/クマ/ヒル)

その2
日焼け
寒さ

その3
怪我2(転ぶ/滑落)
道迷い
落石
高山病

怪我1(ねん挫/膝の痛み/靴擦れ)

危険/リスク その1 初めての登山 ねん挫/膝の痛み/靴擦れ/水不足/ハチ/クマ/ヒル 画像

登山道には、多くの人が歩き踏み固められている道、木の根が出ている道、砂利の道、岩だけの道など様々なものがあります。そこを長い時間、そして荷物を背負って歩くということで普段ではイメージしにくい怪我が起きることがあります。

ねん挫
特に足首のカットが低いを靴を履いていると、様々な状況の登山道で足首を捻ってねん挫をする可能性があります。登山靴を選ぶ際、ミドルカット以上の登山靴を履かれることをおすすめします。

膝の痛み
登山に付きもののような膝の痛み。歩く筋力が強くなかったり、適当な歩き方をしていると膝を痛めることになります。
普段歩かないような長い時間を延々と歩くということ、さらに荷物まで背負って歩くということを意識したいですね。見えない負荷が多く膝にかかっています。
膝痛予防には、普段からしっかり歩いておく、まめに休憩を取って膝を休める、膝サポーターや機能タイツ、トレッキングポールなどのモノを使用するなどがあります。

靴擦れ
これも付きもののような症状。
足の形や歩き方、靴の選び方などの様々な要因で起こるようです。靴選びにおいても「自分に完全にぴったりな靴を選ぶ」ということはなかなか難しいことなので、登山での長時間歩きはどうしても靴擦れが発生しやすくなります。
テーピングや絆創膏を貼って擦れを防止することができます。

※怪我1(ねん挫/膝の痛み/靴擦れ) 体験より
小さい時に街場の段差で足首をねん挫をしたことがありますが、とてもじゃないけど歩くことはできませんでした。山でやってしまったらかなり厳しい状況に陥ることが想像出来ます。
意識の低い適当な歩き方、適当な膝の使い方の登山をずっとしていたための経年劣化か、急いで駆け下りたあの下山が問題だったのか定かではありませんが、膝を痛めました。その後の登山でも、必ず痛みが発生する次第です、一度痛めたらもう一生うまく付き合っていくしかないと思うので膝を痛めないように心掛けてください。
靴擦れは毎回起きてしまうので登山中は靴擦れ箇所にずっとテーピングを貼って靴擦れを防止しています。

水不足

危険/リスク その1 初めての登山 ねん挫/膝の痛み/靴擦れ/水不足/ハチ/クマ/ヒル 画像

山には、街場のように至る所に自動販売機やコンビニ、水道はありません。営業している山小屋でも、水は有料での取り扱いの場合があるなど山では水は貴重な資源、飲み水の問題は重要となってきます。そのため水はしっかりと装備しておかないと水不足により脱水症となってしまいます。

水不足
「夏場」の山に登るのであれば、日常生活の街場でもすでに喉が乾いているため水分補給に対するイメージが出来ている、つまり飲み水は意識して多く持って行くことでしょう。
しかし、
「初夏」付近の山に登る場合、日常生活の街場ではそこまでまだ喉が渇いていたりしないため水分補給に対するイメージが弱い、つまり飲み水への意識が低くあまり多くの水を持って行かない。「初夏」の山での行動は思いのほか大量の汗をかき、喉が想像以上に乾きます。
そのため、「これしか持ってこなかった!」と持ち水が少ない、全く足りないといった状況がよく出てくるので特に注意が必要です。
水だけでもしばし生きていける程、飲み水は重要。水場(飲み水を確保できるところ)が多い山、少ない山など色々あります。重量は増してしまいますが、街場では経験しないような「飲み水」の無さを痛感しないように水は多めに装備しましょう。水分不足は脱水症から熱中症、高山病にかかりやすくもなります。

※水不足 体験より
初夏の山にて水場のない残雪のロングコースを歩いていた時、予想以上に暑く喉が乾いてしまったため手持ちの水を多く飲んでしまい、手持ちの水がまったく足りなくなったことがあります。登山道の土の上を流れているわずかな水を飲んだり、ツララや雪を食べたりしました。茶色い水たまりの水を飲もうかと思う程枯渇したことがあります。わかっていながらも季節感の違いか、このミスは初夏に何度かやってしまうので注意しています。

生き物(ハチ/クマ/ヒル)

危険/リスク その1 初めての登山 ねん挫/膝の痛み/靴擦れ/水不足/ハチ/クマ/ヒル 画像

山は虫や動物が住む世界。そこに立ち入ることを意識しましょう。

ハチ
登山中にハチの巣を見かけた、ハチに襲われたことは今だありませんが、よく聞く話しで怖いところですね。
勝手な推測ですが、マイナーな山やマイナーなルートを選ぶと遭遇する可能性があるように思われます。季節的なものもあるのでしょうか。人が多く通るような登山道には巣を作らない気もしますし、例え作られても整備され駆除もされているような気がします。
振り払ってはいけないとありますが、どうしてもそのようになってしまいます。
襲われたら逃げるしかないようです。
木の上に蜂の巣があったら怖いので登山道にある木を掴んで支えにして登ったり降りたりはしないようにはしています。
黒い色によってくる、化粧品などの香料によってくるなどありますが正確なものはわかりません。

クマ
基本臆病な、自分から逃げる性格のようですが、ばったり遭遇時や子グマ連れ時などでは襲われることがあると認識しています。
クマ対策でよく聞くのは、
音を出したりしゃべったりして「こちらから人間の存在をアピールしてクマ側から逃げてもらう」ということですね。
熊鈴の効果はわかりませんが、特に早朝などの人のいない時間、人のいない時期、人のいない山ではラジオを鳴らして登ったりしています。
ベアスプレーというクマを撃退するスプレーもあります。アメリカ自転車旅の時に持ち歩いてはいましたが、ばったり遭遇時にそれをいざ「取り出し → 操作し → クマに吹きかける」程冷静に対処できる自信は全くありませんでした。さらに風向きを見誤り自爆するとエライ事になるらしいです。テント泊時や距離があるところでクマを発見した場合などばったり遭遇時以外の使用法に向いているのかもしれません。

ヒル/ヤマビル
茶色いような2cm前後のヒル。血を吸って大きくなります。
主に蒸し蒸しと暑く湿った低い山に生息するようです。高い標高のところでは聞いたことがありません。夏にヤマビルがいるところでも、冬場はいないんだか襲ってこないんだかで大丈夫です。
特に毒性はないようですが、ヤマビルに血を吸われたらなかなか血が止まらない、見境無くやられる、体に着いたまま下界には下りてはいけない(持ち込んではいけない/繁殖してしまうため)というのがあります。
隙間という隙間から入ってくるので服の裾、靴下とズボンなど極力衣類はインしましょう。経験上それでもどこからか必ず入ってきます。
煙草の火、サロンパススプレー、酢、アルコールなどで吸い付いたヒルは剥がせると聞いたことがあります。
2人で登山している場合、先頭を歩く人より後続の二人目が狙われると聞いたこともあります。

※生き物(ハチ/クマ/ヒル) 体験より
キャンプ場で大きなハチに威嚇されたことはありますが恐ろしいことこの上無しです。何度も頭上を右往左往されました。白い衣類に着替えても効果はなく、私は逃げました。
クマは、目の前を横切っていった程度でしっかりと遭遇したことはありません。すれ違った登山者に、今さっきそこの登山道にクマがいたから気をつけてと言われたことはあります。単独登山が多いので常に警戒はしています。
ヒルは、夏の丹沢で集中攻撃に遭いました。気付けば血だらけでした。歩いて動いている手にも地面から飛んできました。

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: