単独登山は危険か?パーティー登山は安全か?どうなんだろう…

この記事は約 4分で読めます

単独登山
一人で登山をすること。単独行。

対して、
パーティー登山
二人以上で登山をすること。

基本的に単独登山は推奨されていません。
理由は、

「危険だから」

何があろうとも、すべて己の判断で決めなければならない。
何かあった場合でも、すべてのことを自分一人で対処しなければならない。
・・・助けはいない。

というイメージですね。

単独登山」という言葉でも二通りの意味合いがあると個人的には感じます。
まずは、それについて。

単独登山について二通りの意味合い

まず一つ目の意味合いは、

開山中の山、シーズン中の山、山小屋がやっている時期、山小屋がやっている場所の山を一人で登る単独登山

つまり、
一人で登っているが、他の登山者がいる登山

そして二つ目の意味合いが、

閉山している山、シーズンオフの山、山小屋がやっていない時期、山小屋がやっていない場所の山を一人で登る単独登山

つまり、
一人で登っている上、他の登山者が誰もいない登山

両方とも「単独登山」で間違いはないと思います。
ですが、
この前者と後者では同じ「単独登山」という言葉でも、内容は全く異なります。

ここでは、

前者を「人のいる単独登山
後者を「人のいない単独登山
と区分して記述します。

人のいる単独登山

単独登山と言えど、誰かしら他の登山者がいるので事故や怪我の場合でも助けてもらえる可能性が高い。
山小屋がやっていれば救助も早かったり、色々な連絡も付けやすいことがある。
そして食料や水も手に入りやすいといったことがあげられる。
登山道や天気の情報も小屋で手に入りやすいですね。

反面、

人のいない単独登山

他には誰もいない、助けてくれるヒトは誰もいない。
なので事故や怪我の場合でもすべて一人で対処しなければならなく、すべての判断を自分一人で行う必要が出てきます。
山小屋も営業していないのでいざという時に避難できない場合もあれば、食料や水なども自分で何とかしなければなりません。
そして登山道や天気の情報も自分で手に入れるしかありません。

すべてを装備しすべての判断を行い自力で登り、そして何があっても自力で対処し自力で下山までしなければなりません。

何かがあってもその存在を知っているのは山しかいなく、
一つのミスが致命的になる可能性が一番高い登山スタイルだと思います。

その世界の違い

単独登山は危険か?パーティー登山は安全か? 画像

「人のいる単独登山」と「人のいない単独登山」とでは一つ一つに対する感受性やその世界もまるで変わってきます。

「人のいない単独登山」は、自然の中に自分がたった一人でいるということ。

急に風が吹き出せば怖く、太陽が隠れたら不安になる、ガスに巻かれればその恐怖感は凄まじい、行動中であれば日没にとてつもない焦りを感じる、キャンプ中であれば日没によって長い長い夜が始まる、何かあった場合のパニック度は桁違いになる、朝や晴天つまり太陽に対する感動や感謝が凄まじい、
など「人が誰もいない」という「単独登山」ではまるで世界が変わることを感じます。

誰もいない山の中に一人入っていく、誰もいない山に一人いる、誰もいない山の中で一人寝泊まりをする・・・

それはまさにすべてが自己責任の世界であり、そこに大きな魅力を感じる反面大きな危険があることを忘れないようにしなければなりませんね。

単独登山は危険か?パーティー登山は安全か?

単独登山は危険か?パーティー登山は安全か? 画像

では、「単独登山は危険だから安全なパーティー登山にしましょう」なのでしょうか?

例えば、ハイシーズンの人気のある山へ単独登山に行くことに対し、一概にその行為が危険だ!とは言い切れないと感じます。単独登山と言えど、この場合には周りに多くの登山者がいるからです。

もちろんパーティーで登山するよりは危険性は高まる・・・
ですがパーティー登山が安全かと言われればそうでもないと思います。

パーティー登山による油断が危険を招く場合がある気がします。
ヒトがいることで自己管理が甘くなったり、自分のペースを崩して無理をしてしまう、また危険予知や状況判断も甘くなる可能性が出てくる、このようなことから危険に繋がるケースがあると思います。

なので「単独登山」という一括りで「イコール危険」ということではないと思います。
どの登山スタイルが危険か安全かということは一概に言うことはできないと思います。

ですが、
「人のいない単独登山」は間違いなく危険度が高いことは間違いありません。

単独登山でも、パーティー登山でもそれぞれの危険性があるということ。
そのフィールドは「山」であり「自然」。
どんなスタイルでも危険は自分のすぐ隣にあることを忘れないように気をつけて登山を楽しみたいですね。

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: