初めての登山自転車旅 早出早着の大きな意味合い

この記事は約 5分で読めます

街場では基本、屋外でも街灯や建物の明かり、自動販売機の明かりなどがあるため暗闇や明かりについてあまり深く考えることはありませんが、山の中やアウトドアでは基本明かりは皆無。日が暮れれば、月明かりのみの世界か真っ暗闇の世界になります。

今回は、耳にしたことがあるかもしれませんが「早出早着」についてです。
登山や自転車旅に限らずともアウトドアでは心がけたいコトですね。

早出早着

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

これは、

「早い時間に出発して、早い時間に目的地へ到着する」
「早い時間に出発して、早い時間にその日の行動を終える」

ということです。

「明け方、空が明るくなったら出発し、昼過ぎ、夕暮れ前にはゆとりをもってその日の行動を終える」

つまり、
空がまだ明るくならないうちに出発準備をし、早めに出発する。そして、昼過ぎ、夕暮れ前のまだ日の高い14時ほどには目的の山小屋、キャンプ場、またはビバークポイントに着いてその日の行動を終える。

急いで行って早く着けということではなくて、たっぷりとゆとりをもった行動をするために・・・また、午前中に主に行動するために、早い時間に出て早い時間には落ち着いていましょうということです。

早出早着の意味合い

早出早着をすることは、実に多くの意味合いがあります。それを一つ一つほどいていきます。
山の写真を使っていきます。

ゆとりは楽しく、安全

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

早出により、より長くその日の時間を使える、ゆっくりゆとりをもてる。
道中のその景色や雰囲気をゆっくりと楽しめる。ゆっくり写真を撮り、ゆっくりと休憩ができる。ちょっとした予想外のことにもゆとりがあれば動じずに対処できるようになる。ゆとりは楽しく、多くの安全につながります。

悪天候を避けられる

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

気温が一番高くなる午後に気象が変わり易くなる。
ガス、風、雨、そして雷。雷が発生してしまえば行動は出来なくなる。命すら落とすことも出てきます。
せっかくの素晴らしい景色もガスなどで見えなくなる上、悪天候により行動も難航してくる。なもので午前中を主に行動をする早出が基本となってきます。

焦りと不安

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

ゆっくりゆとりと同じようなことですが、「目的地まであとどれ位で着く」という確信が持てていない場合、夕闇や夕暮れが近付くと非常に焦りと不安が生じてきます。
焦りが生じれば、事故や怪我・判断ミスも生まれ遭難する可能性も大いに出てきてしまいます。焦って良いことは何一つありません。ゆとりの生まれる早出早着を目指したいですね。

夕暮れ、暗闇での行動は危険

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

早着をせずに夕闇に巻かれ始めると視界が利かなくなる分、転ぶ、落ちる、迷う、動けなくなるなど行動に支障が出てきます。その分、先読みや足元・手元により多くの判断力・集中力を使うことにもなります。
それは大きな疲労にもつながり、ランプ等の貴重なバッテリーのロスにも繋がってしまう。
そして、危険な動物たちも出てくるかもしれません。そうなる前のゆとりをもった早着を目指したいですね。

明るいうちに作業をしたい

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

特にキャンプ時に言えるのですが、目的地に早着して日のある明るいうちにまず、テントを張り、そして食事をしたい。そしてその片付けをしたい。
明るいうちにこれだけのことはしておくとあとがてとも楽ですね。
夕暮れや日没後では、ヘッドランプ等の明かりがあると言えどその暗闇より一気に作業がしづらくなります。
そして、モノも無くし易くなります。

寝床が確保できる

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

早着するメリットにこんなこともあります。
キャンプ場では、混まないうちに快適な好きなスポットを選べる可能性が出てくる。
無人の小屋でも同様で良い寝床を選べる。営業中の山小屋は利用しないため詳しくありませんが、早めに良い寝床を確保できるのかもしれないですね。

雰囲気を楽しめる

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

早着をすれば、ゆとりをもって食事を楽しめます。食後も楽しめます。
周りのちょっとした散歩、そして景色も楽しむことができる。人とお話もできる。
そして、空気や雲の流れや夕暮れなどの自然を十分に楽しめます。
早めに着いて非日常の雰囲気を思う存分味わいたいですね。

翌日の準備ができる

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

早着によって、ゆとりをもって翌日の準備もしっかりとできます。
疲れを残さないためのストレッチを入念にできる。

参考記事
登山/スポーツなどで次の日の疲労が劇的に違う「後ストレッチ」を絶対にすすめたい
monochicken.com

翌日の行程について、エスケープルートの選択や道のり、ペースをじっくりと考えられる。地図をじっくり眺めて地形などの情報をより多く読み取れるなど、やらなければいけないようなことをしっかりとやることができます。

みんな早出早着

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

みんな早出早着なので特に登山の場合、遅くに山小屋やキャンプ場についてしまうのは宜しくありません。
山小屋では、到着が遅いと心配されることもあるだろうし小屋側の食事の支度もままなりません。キャンプ場でも、みんなが静まっている時に来てバタバタとテントを張ったりガチャガチャと食事をするのはあまり宜しくはないですね。山やアウトドアでは、日没と共に寝てしまう人も少なくありません。

以上のようなことより、早出早着には多くの意味合いがあります。
登山に特化した写真を使っていますが、自転車旅でも同じことでした。
同じようなことを羅列してしまったかもしれませんが、早い時間に出て早い時間に到着することのメリットが少しでも印象に残っていただければと思います。

アウトドアでは、太陽のサイクル・・・、

日が昇ったら動き、日が沈んだら休む・・・この太陽のサイクルに沿うのはなかなか気持ちが良いですね♪

初めての登山自転車旅 早出早着 おすすめ(なのかもしれない) 画像

日が沈むと共に休みたい♪

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: