登山やアウトドアで知っておきたい日の長さ/日の出日の入りについて簡単に

この記事は約 4分で読めます

登山やアウトドアを行うととてもよく感じる事の一つに

日の長さ/日の出日の入り

があります。
人間は日が沈み、暗くなると
自分の力だけでは照明器具などを使わない限り行動できない生き物。

夏場では「朝3時台でも明るくなり始め、夜19時台でも明るい」ことがあり、
冬場では「朝6時位にならないと明るくならず、17時前にはもう暗くなる」。

その日の長さ/日の出日の入り時間を把握しておくと一日の行動が組みやすい登山やアウトドアですね。

結局

いつが日の長さが長く、いつが日の長さが短い

のか。

登山やアウトドアで知っておきたい日の長さ/日の出日の入りについて簡単に 画像

地球のことは、自分には難しく理解できないのでそこいらの説明は一切省いていきます。
結論のみ記載します。

日が出ている時間が一番長いのは
6/21 (夏至)
日の出  04:25
日の入り 19:00
日の長さ/日の出ている時間 14時間35分

日が出ている時間が一番短いのは
12/22 (冬至)
日の出  06:47
日の入り 16:32
日の長さ/日の出ている時間 9時間45分
(2017年 東京)

つまり、
梅雨に向かって日が延びていき、梅雨が明ければもう徐々に日は短くなっていく。
そして
クリスマスに向かって日は短くなっていき、クリスマスが過ぎ新年を迎えればもう徐々に日が延び始める
んですね☆☆☆
昼と夜の長さが 1:1 、ほぼ同じの12時間ずつくらいになるのが
3/20,21(春分)
9/22,23(秋分)
なのだそうです。

日の長さが一番長いのが夏至6/21頃(毎年)で、日の長さが一番短いのが冬至 12/22頃(毎年)となるわけですが、
かといってその日の「日の出日の入り」が最早で、最遅というわけでないようです。
わずか数分の差なので実際のフィールドで気にすることではありませんが念のため記載します。

日の出が一番早いのが 6/12,13 04:24:43
日の入りが一番遅いのが 6/29 19:01:15
日の出が一番遅いのが 1/6,7 06:51:25
日の入りが一番早いのが 12/5,6 16:27:42
(2017年東京)

なので夏至 6/21頃の、日の長さ/日が出ている時間は最長でも日の出日の入りが最早、最遅とは限らないということになります。
冬至 12/22頃も然りで、細かいことを言えばそんな感じです。

一番日が長いのが真夏の7,8月かな〜
とか
一番日が短いのは真冬の2月頃かな〜
とかなんとなく思ってしまっていた自分ですが正しくは

一番日が長いのは夏至の6月21日頃
一番日が短いのは冬至の12月22日頃

なんですね。
日の出日の入りが一番早い、一番遅いということではありませんでしたがそこはわずか数分の差。
細かい事を抜きにすればやはり

一番日の長さが長い(明るくなるのが早く、暗くなるのが遅い)のは
夏至の6月21日頃
一番日の長さが短い(明るくなるのが遅く、暗くなるのが早い)のは
冬至の12月22日頃

と覚えておけばいいですね。

余談
東京のデータをベースに記載しましたが、
北の北海道(札幌)
南の沖縄県(那覇)とでは、基本は同じですが随分と日の出日の入りの時間に差が出るんだなということが不思議でした。

北海道(札幌)
06/21 日の出 03:55 日の入り 19:18 日の出ている時間 15時間23分
12/22 日の出 07:03 日の入り 16:03 日の出ている時間 09時間00分
東京都(東京)
06/21 日の出 04:25 日の入り 19:00 日の出ている時間 14時間35分
12/22 日の出 06:47 日の入り 16:32 日の出ている時間 09時間45分
沖縄県(那覇)
06/21 日の出 05:38 日の入り 19:25 日の出ている時間 13時間47分
12/22 日の出 07:13 日の入り 17:43 日の出ている時間 10時間30分
(2017年)

日が出ている時間を登山やアウトドアでたっぷり味わうなら
夏は北海道!冬は沖縄!ってことですかね (^_^)

※参照サイト
国立天文台 各地のこよみ 様
日本の地域毎での日の出日の入り時間などが見れました☆

日の出と日の入り時間 様
日本と世界での日の出日の入りの時間などが見れました☆

※関連記事
登山/アウトドアにやはりおすすめしたい時計プロトレック その理由9つ

初めての登山自転車旅 早出早着の大きな意味合い
monochicken.com

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: