テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の底面の画像数枚と、耐久性などについて思うこと

この記事は約 4分で読めます

出張仕事の生活拠点とするために約2ヶ月間テントで暮らしていました。
つまり、
常設」と言えるような期間ではありませんが、テント張りっぱなしにしていました。

これまで登山ではもちろん、旅でも何でも様々なところでテントを張ってきたのですが、
今回はそれらとは異なり
ある程度まとまった期間張りっぱなしだったテント」の話になります。

そこで気になることは

張りっぱなしテント耐久性的なこと…

かもしれないのですが、

個人的にはテント耐久性的なことより、張りっぱなしによるテントの「底面のカビなど」が気になるところでした。

今回は2ヶ月程度の期間だったこともありますが、
テントの「張りっぱなしによる耐久性的なもの」は一概には言えない気がしています。

それは、テント自体の性能に加えて
その時の季節、雨量、風力、風向、湿度、そして地面の状態やその場所の日照度合いなどで大きく変わってくると思うのでそこは何とも言えない気がします。

私は底面が気になったのでその記録を以下に綴ります。

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

その状況によって色々あると思うので状況を明記します。

〜今回の張りっぱなしテントの状況〜

・ダブルウォールテント
・11月から12月の約2ヶ月間 初冬 標高約600m
・最低外気温はマイナス7、8度位(テント前室の気温からの推測値)
・畑と森の間に張る(キャンプ場などではありません)
・テントへの日照は朝から昼ほどまで(午後は陰る)
・しっかり雨が降ったのは1、2回くらい(他、降雪1回くらい)
・水はけのよい土の上に直接張る(芝ではなく、グラウンドシートなども不使用)
・暮らしていたテント(張りっぱなしでたまに使ったというものではありません)

※関連記事
初冬約2ヶ月間のテント暮らし/仕事をしながら外で暮らす畑脇生活 その1/空間編 標高約600m付近
monochicken.com

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

そんな状況からテントを撤収しました。

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

ひっくり返します。

当初はデッキを作ってその上にテントを張る予定だったのですがやらず。

直接土の上に張っていたのでカビなどが怖かったです。

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

結果、何もありませんでした。

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

かなりホッとした瞬間でした。

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

下の土壌には胞子のようなものがわずかにありましたが、

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

特に問題はなかったようで何よりでした。

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

今回の撤収時で気付いたところを強いてあげるのであれば、
「テントポールが少し曲がっていた」というところでしょうか。

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

おそらく今回の使用によるものと思うのですが、右から二本目のようにポールが少し曲がりました。

当期間中強風な日もありました。
また、
他にもいくつかのテントを所持しているのですが、それら全てのテントポールも部分的に曲がっているので個人的にはポールの曲がりは張りっぱなしによるものではないと思っています。
(張りっぱなしでなくとも風の強さや向きによって、タイミングが悪ければ1日の使用だけでも曲がるものと思っています)
(他のテントは長くても張りっぱなし10日ほど)

おまけで、
外底面ではなくてテント内の底面、つまり床/フロアに関しての張りっぱなしで注意したいと思うところですが、それは

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の画と、耐久性などについて思うこと 画像

結露問題
だと思っています。

画像は、結露問題で寝床にベッドを作って嵩上げしているのですが、これは気を付けないとカビが生えると思います。

張りっぱなしにする場合、長期的に動かさないモノが出てくると思うのでそういったものは特に注意する必要があると思います。

※関連記事
初冬約2ヶ月間のテント暮らし/仕事をしながら外で暮らす畑脇生活 その2/生活編 標高約600m付近
monochicken.com

余談ですが、
シングルウォールテントでの張りっぱなしは、
紫外線によるテント生地自体へのダメージ、そしてテント内部のモノへの紫外線の影響があるはずなので張りっぱなしにするのであればダブルウォールテントやタープ等を利用するなどが好ましいと思います。

テント生活で張りっぱなし約2ヶ月のテントをひっくり返した時の底面の画像数枚と、耐久性などについて思うこと 画像

また、
テントというものを使用したことがない場合には想像しにくいかもしれないのですが、
テントには日が入るととても内部が高温になります。
車やビニールハウスなどと同様です。

真冬でも裸でいれるほど暑くなったり、むしろテントの中には居れないほど温度が上がります。
そのため、テントを張りっぱなしにするのであれば中に置いておくものなどにも配慮をしておくと良いと思います。
せめてもの高温対策として、通気口(ベンチレーション)を開けておくなどの方法もありますが、場合によっては強風で砂などが中に入ります。
網戸がなければ虫なども入ってきますね。

今回使用したタフドーム240(コールマン)は廃番のようですが、タフドームシリーズはたくさんあるのでこれからも「テント生活」に活用していきたいと思います。

タフワイドドームV/300 は2021年のニューモデルだそうです(2021年2月現在)

関連記事



error: