エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー

この記事は約 4分で読めます

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

小さいポリボトル。

登山キャンプなどのアウトドアで調味料入れなどとして使っている方も多いのではないでしょうか。
私は登山時や車中泊時に持ち歩いています。

私が気に入って持ち歩いている小さいポリボトルは
エバニューの広口ポリ丸ボトル

そんな エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ理由やら好きなところ、
そして
サイズのイメージになるかもしれないので山中で撮った画像を少し残そうと思います。

エバニュー 広口ポリ丸ボトル
選んだ時の決め手となった理由やら好きなところ

アウトドアショップなどでたくさんの小さいポリボトルがある中で
エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ決め手となったところはいくつかありますが、

メーカーさんの webに記載のあることでまず言うと

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

頑丈
食品・アルコール燃料・液体調味料などを安全に運搬
日本製

というところ。

「登山使用」で
「食品と液体を入れる目的」だったのでこれらの明記は大きなポイントでした。

そして
web記載のない体感的なところで、これも不可欠な非常に大きなポイントだったところが

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

エバニューの広口ポリ丸ボトルは 蓋を開けて匂いを嗅いだときに何も匂いがしなかった、
つまり「無臭」だったというところでした。

偶然だったり、私の嗅覚の問題もあるかもしれませんが、
他の小さいポリボトルは中に匂いがあったために選ぶことはありませんでした。

エバニューの広口ポリ丸ボトルは、
50mlと 100ml合わせて計 8つ所持していますが全て匂いは無臭でした。

また、

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

蓋の回転具合と、締まり具合がとても好ましい」ということがありました。

これは感覚でしかないのでうまく伝えられませんが
特筆するくらい私は気に入っているポイントです。

これらのポイントが全て揃っている小さいポリボトルが他には見受けられなかったので
エバニューの広口ポリ丸ボトルをとても気に入って山で持ち歩いています。

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

手前二つが 50ml
OD缶すぐ脇にあるのが 100mlボトル

泊数でサイズは変えますが、

エバニューの広口ポリ丸ボトルの好きなところ 画像

コーヒーやスキムミルクを持ち歩いていたり、

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

少量で済むような酒を個人的には入れたりしています。

※ 画像↑は 100mlボトル

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

メーカーサイトには「耐冷温度 0度」とありますが、
バックパックのサイドポケットに入れて外気温 約マイナス10度(標高約 2800m)まで登った時でも問題は特に感じませんでした。

もちろん漏れ(ウイスキー)もありませんでした。

いくらでもいけそうな気はしますが
厳冬期では念の為、バックパック内に入れて持ち歩いた方がいいかもしれません。

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

目盛りも付いています。

サイズ感の参考になるか分かりませんが山中で撮った画像をいくつか載せておきます。

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

100mlボトル

直径 50mm
口の広さ 31.5mm
高さ 94mm

※ 2022年1月現在 メーカー表記数値

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

50mlボトル

直径 39mm
口の広さ 21.5mm
高さ 79mm

※ 2022年1月現在 メーカー表記数値

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

100mlボトル

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

左 100ml
中、右 50ml

エバニューの広口ポリ丸ボトルを選んだ時の決め手となった理由やら好きなところなどのレビュー 画像

50ml

コーヒーやスキムミルクを山中に持っていくのにラップを二重にして包んで持ち歩くということをずっとしてましたが
やはりしっかりとした容器は使い勝手がとても良くもう手放せません。

お気に入りのエバニューの広口ポリ丸ボトルでした。

2022年1月現在 50ml、100ml、200mlの3展開のようです
250と 300は廃盤のようです

※ 関連記事
キャンプ/アウトドアの2リットル水ボトル/水タンクにブラックニッカクリア1800ボトルを愛用している(そのため正確には1800ml水ボトル)

アルパインサーモボトルか山専ボトルか(モンベル mont-bellかサーモス THERMOSか) 登山魔法瓶
monochicken.com

error: