登山ドリンクホルダー【使い方】マムート 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います

この記事は約 5分で読めます

登山ドリンクホルダー【使い方】マムート 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います 画像

ザック、バックパックのショルダーハーネスにつける登山時ドリンクホルダーなるもの。
ボトルホルダーともいうのでしょうか。

私が山を始めて 10年以上経った頃に装備し始めたのですが「存在を知らなくて損していた」と心底思うほど良いものでした。

山での行動中においてこれほど便利で、必要性のあるものもそうない気がします。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

今回は私が登山で使っているマムートドリンクホルダー使い方などと
登山でのその必要性などを記載したいと思います。

目次
商品詳細と 使い方
装備したい数
あとがき 必要性




登山ドリンクホルダー 使い方など


登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

それではまず、

商品詳細と 使い方/マムート

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

マムートドリンクホルダー

正しい名称は
Add-on bottle holder(アドオンボトルホルダー)」。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

マジックテープで完全に開(ひら)けます。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

ベルトもあって
入れる水筒などの径に合わせて調整できます。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

底は抜けてますが、固定されたベルトがあって水筒等の脱落を防ぎます。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

500ml水筒(旧山専ボトル)。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

500mlペットボトル。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

ドリンクホルダーの裏側にあるゴムのストラップをボトルに引っ掛けると

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

しっかりと固定してくれます。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

使い方としては
背面にある 2本のベルトでザック/バックパックのショルダーハーネスに取り付けて完了。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

このような感じになります。

このマムートドリンクホルダーはとても丈夫な作りだといつも感じます。

正直「ここまでタフな作りじゃなくても・・・」と思うくらいですが、例えばここに 500mlやそこらの重量のものが入って 登山での動きに耐えなければならないと思うと必要不可欠な強度なのかもしれません。

各マジックテープの絡みも強いです。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

上部背面側には小さな「引っ掛け」があります。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

個人的には 500mlサイズのものしか入れませんが、
モンベルのアルパインサーモボトル 0.9も入りました。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

ベルトで調整できるので大型ザック/バックパック(88リットル)でも

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

中型(38リットル)でも

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

アタックザック(18リットル)でも簡単に付け替えられていつも使っています。

登山時のドリンクホルダー
装備したい数

これはマムートドリンクホルダーに限らないと思いますが、
登山時ドリンクホルダーの装備したい数としては

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

ダブルで 2つ使うこと」と思っています。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

実際に使ってみて分かることでしたが 1つだけの使用の場合、
片方の肩だけに 500mlとかそこらの重量がかかってくるため 長時間の山行では
その負担を片側の肩だけ大きく感じてきます。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

そのため私はドリンクホルダーを2つ装備して 500mlをダブルで差し込んで歩いています。

「ドリンクを両方のショルダーハーネスに装備すること」で肩への負担は感じませんが、
「シングルでの使用」「片側だけの使用」には大きな負担を感じます。

登山時のドリンクホルダーはダブルで使うことを個人的にはおすすめしています。

あとがき 必要性

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

登山でドリンクホルダーたるものを使っていなかった時は
バックパックのサイドポケット等に水筒等を入れて持ち歩いていました。

そのような場合、
水分を補給するためには当然バックパックを下さなければなりませんが
重量のあるバックパックなどの時はこまめに下ろすことも楽ではないため頻繁に下ろすことはなく
その結果、水分補給が疎かになっていたことは間違いありません。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

また、
斜度でもあればバックパックを下ろすこともさらになくなり水分を補給しなくなります。

そこで問題となってくるのが

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

高山病等の誘発だと思っています。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

この時は初冬のテント泊装備で大型のバックパックでした。

それだけが原因ではないと思ってますが
当時ドリンクホルダーを装備していなく、水分補給は明らかに少量だったと思います。

その要因もあって 3000m地点で激しい頭痛に見舞われた思い出があります。

登山ドリンクホルダー【使い方】 高山病等の予防にも素晴らしく役に立っていると思います/マムート 画像

今はドリンクホルダーによって至る所でこまめに水分を補給できるので
高山病等の予防にも大きくつながっていると思っています。

登山でのドリンクホルダーの必要性はとてもすすめたいところです。

もちろん まめにバックパックを下ろして休憩を取ることも間違いなく大切としています。

とても丈夫で、使い勝手もよく個人的には登山必需品です

※ 関連記事
危険/リスク その3 初めての登山 転ぶ/滑落/道迷い/落石/高山病

Zシート/サーマレスト むしろ座りたくなるおすすめの登山/アウトドア座布団
monochicken.com

error: