第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など)

この記事は約 6分で読めます

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

ふと立ち寄った家具・インテリアの「ニトリ」でたまたま目にした水筒

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

N-HEATEX
エヌ・ヒーテックス

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

保温・保冷ボトル

とあるので結構な威力の水筒なのかもしれないと思い、
サーモスの「山専」、モンベルの「アルパインサーモ」に次ぐ第三の登山水筒となるのかチェックしてみました。

ニトリの webサイトにしっかりとした情報は記載されているのですが、
それだけでは分からないことなどのディテールや実測値などを記載していきます。

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

山専、アルパインサーモとの比較は別記事にします。

今回は、N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)単体の記事となります。

目次
N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス) 特徴
N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス) ディテール(サイズ・重量 実測値)
N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス) 各パーツ重量(実測値)
あとがき 第三の登山水筒としていけるのか




N-HEATEX
エヌ・ヒーテックス / ニトリ

今回、チェックした水筒は N-HEATEXの 900ml。
(2022年9月現在のサイズ展開は 500ml、 750ml、 900mlの 3サイズのようです)

水筒の箱にも、ニトリの webにも記されているのですが
まずは特徴から。

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

1、進化したダブル中栓
全く知りませんでしたが、以前に「HEATEX」という水筒があったようです。
そこから進化したのでしょうか。

2、中栓に断熱材

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

3、真空断熱のコップ付き

4、5層の断熱効果

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

5、簡単にお手入れ

6、衝撃に強い

ざっと見たところアウトドアでタフに使えそうな仕様と感じました。

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

そしてニトリN-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)で一番インパクトが強いのは
この「超」をつけるほどの保温力と保冷力でしょうか。

詳しくは別の比較記事で記載したいと思いますが、
単純にこの数字だけを見ればサーモスの山専や モンベルのアルパインサーモより高い数字を出しています。

それでは水筒のディテールを見ていきます。

N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)
ディテール(サイズ・重量 実測値)

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

全容

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

ふた(コップ)を外すと、真空断熱のステンレスコップが出てきます

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

ふた(コップ)

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

シリコーンのカバーは外せます

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

真空断熱のステンレスコップ

「おちょこ」みたいで何か良いです

これはふた(コップ)のようにネジ式では無いのでこれだけでは蓋として機能しません

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

ダブルスクリューの土台の方(外栓)の、矢印先の灰色のパッキンと合わさるため
特にふた(コップ)の中で暴れない感じです

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

熱湯を樹脂のふた(コップ)に入れると熱くて素手で持つことができませんが、
この真空断熱のステンレスコップでは素手で持つことができました

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

真空断熱のステンレスコップを外すと中栓があります

中栓は
土台の方の「外栓」
上の方の「内栓」

のダブルスクリュー栓

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

内栓を取ったところ

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

土台の外栓も取ったところ

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

本体の入り口のサイズなのですが、

実測値 約 40mm

でした
(ノギスでの計測でも 40.3mmほど)

※ 2022年9月現在のニトリの webにある商品のQ&Aには「口金は全サイズ約3cmです」とあります
水筒本体入口の一番狭いところが 約34mmくらいと思うのでそこの部分を指しているのかもしれません

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

底カバーも外れます

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

重量はメーカーwebでは「約 500g」記載

実測値は 約 513g

メーカーwebにあるサイズ表記は「幅8.5 × 奥行8.5 × 高さ31.5cm」

これはカバー等全て装着した上記画像の状態でのサイズでした
※ 底カバーを取った本体底の幅・奥行きの実測値は 約80mm

最後に、

登山水筒の持ち運びの仕方は
カバーをつけるつけない、蓋をするしないなど 人それぞれだと思うので
計算で持ち運び時の重量を出せるよう各パーツの重量を記載しておきます。

N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)
各パーツ重量(実測値)

ちなみに各パーツフル装着での総重量は 約 513g

以下、各パーツです

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

ふた(コップ) カバーなし

約 51g

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

ふた(コップ)のカバー

約 21g

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

ステンレスコップ

約 46g

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

底カバー

約 21g

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

水筒としての機能を果たす最低限のパーツ装着(中栓のみ)だと

総重量 約 375g

あとがき 第三の登山水筒としていけるのか

2021年に販売された商品でしょうか。

私はアウトドアメディアにほとんど触れないので全く知りませんでした。

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

これまで個人的に
サーモスの山専、モンベルのアルパインサーモと使ってきて現在は
登山でも日常でもアルパインサーモを使用しています。

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

そんな中、この N-HEATEXが「第三の登山水筒」になるかと三者比較した結果、
私の登山スタイルでの登山水筒はやはり モンベルのアルパインサーモボトル でした。

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

人それぞれ水筒に求めるものは違うので
これはあくまで私の登山スタイルでの選択結果となっています。

詳しい理由は別の比較記事に記載しますが、
一言で言うと「重量」になります。

第三の登山水筒!?ニトリの N-HEATEX(エヌ・ヒーテックス)をチェックしてみる(ディテール・実測値など) 画像

山専やアルパインサーモに比べ、
ニトリの N-HEATEXは価格と質で言えばとても強力な水筒だと感じるので
「第三の登山水筒」と言っても過言では無い気がしました。

非常にクオリティの高い水筒だと思います。




※ 関連記事
アルパインサーモボトルか山専ボトルか(モンベル mont-bellかサーモス THERMOSか) 登山魔法瓶

(仮)N-HEATEX・アルパインサーモボトル・山専ボトル 比較 (記述中)
monochicken.com

error: