盲点!?山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる / 山水筒と車ドリンクホルダーの関係

この記事は約 3分で読めます

山行等のアウトドアで「身に着けるドリンクホルダー」では全く意識していなかったことだったのですが、気づいたのは「車に付いているドリンクホルダー」に山水筒を差し込んだ時でした。

盲点!?山水筒と車ドリンクホルダーの関係 / 山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる 画像

旧山専ボトル500(FEK-500)をドリンクホルダーに差し込んでいた時は何の問題もありませんでした。

盲点!?山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる / 山水筒と車ドリンクホルダーの関係 画像

新調したアルパインサーモボトル 0.35(#1124765)を差し込もうとしたら「???」

きつい?
100%収まっていない感じに。

盲点!?山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる / 山水筒と車ドリンクホルダーの関係 画像

助手席側でチェック。

旧山専500はやはりちょうどよく、無駄な遊びもなく入る。

盲点!?山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる / 山水筒と車ドリンクホルダーの関係 画像

!?

アルパイン0.35 入らない!

盲点!?山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる / 山水筒と車ドリンクホルダーの関係 画像

山水筒の径、完全に盲点でした。

山での「身に着けるホルダー」では当たり前のように何も気にせず問題なく入っていた
そして、
「車ホルダー」でも旧山専は問題なく入っていた

だから意識していなかったのですが、当たり前ですけどそれぞれ「」があるのですね。

なので

山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみました

そして、
その数字と各メーカーサイトの表記寸法と比べてみました。

盲点!?山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる / 山水筒と車ドリンクホルダーの関係 画像

左から
山専900(FFX-900) (2019年11月現在モデル FFX-901)
旧山専500(FEK-500) (2019年11月現在モデル FFX-501)
アルパインサーモボトル900(#1124618) (2019年11月現行モデル)
アルパインサーモボトル350(#1124765) (2019年11月現行モデル)

盲点!?山水筒と車ドリンクホルダーの関係 / 山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる 画像

このような感じで計測。

盲点!?山水筒と車ドリンクホルダーの関係 / 山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる 画像

ボトムのリングを取った場合と、

盲点!?山水筒と車ドリンクホルダーの関係 / 山専ボトルとアルパインサーモボトルの径を計測してみる 画像

つけた場合でを計測。

結果

山専900(FFX-900)
メーカーサイト 径 約8cm
個人計測(リングあり/リングなし) 約8.1cm/約7.8cm

旧山専500(FEK-500)
メーカーサイト 径 約7cm
個人計測(リングあり/リングなし) 約7.4/約6.7cm

アルパインサーモボトル900(#1124618)
メーカーサイト 径 7.9cm
個人計測(リングあり/リングなし) 約8.0cm/約7.65cm

アルパインサーモボトル350(#1124765)
メーカーサイト 径 7cm
個人計測(リングあり/リングなし) 約7.2cm/約6.85cm

これらから、
どれもメーカーサイト表記の径は、リングありとリングなしの場合の間のな感じでした。

今回の件を見直すと、

メーカーサイトでは同じ数字でも、ホルダーへの入りには差があった。
実測で見ると、
1mmだか2mmほどの差で入る入らないが分かれた、となりました。

結果的に「得るものほとんどなし」でしたが、
個人的に山水筒の「径」について気付かされた重要な一件でした。

ーーーーーー

気付けば山専は、自分の持っているモデルから2度もリニューアルされてました。
FEK-500 → FFX-500 → FFX-501(2019年11月現在)
アルパインは変わらず。

保温保冷能力、重量・サイズなどは自分には全く気にならない微々たる差なので
気になる大きな違いは、
「値段」と「ダブルスクリュー栓かそうでないか」と「デザイン」。

個人的には「安く、パーツが少なく、シャープな感じ」のアルパインサーモボトルがやはり好みですね現在。

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: