寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる

この記事は約 7分で読めます

寝袋を利用して、
そしてテントマットを使って365日寝る生活も気付けば【7年目】に入りました。
(2021年9月時点)

1日たりとも欠いてません。
敷布団、掛け布団の寝心地はもう思い出せません。

※ 関連記事
家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし 7年目突入 約2190日経過 〜山と旅に向けたその暮らし〜
(2021年9月時点)
monochicken.com

そんな生活7年目にしての「細かいところ」をここでまとめてみようと思います。

目次
仕様のおさらい
この生活と 「膝」 との関係
テントマットの「段差」の必要性
テントマットの ヘタリ と かかと
あとがき

寝袋とテントマットで365日寝る生活
【7年目】の細かいところ

この暮らしのざっくりとした 仕様のおさらい ですが、

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

夏は寝袋はよけて、春秋は開いてかけて、冬は袋の中に入って寝ています。

テントマットは365日フル稼働。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

寝袋は家用、アウトドア用、厳冬期アウトドア用など
3つを使い分けています(素材は全てダウン)。

その中で使用頻度が圧倒的に多いのは「家用」。

家用は モンベルのダウンハガー #2。
2008年より使ってますが、その耐久性の不足を感じたことはありません。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

テントマットは サーマレスト THERMAREST の
リッジレスト ソーライト(グリーン) 2014年より使用
リッジレスト クラシック(グレー) 2016年より使用

※ ソーライトは、アルミ加工がはげてグリーンに

※ ソーライトの方は、7年目にして2021年9月より新品のクラシックに交換

それではこの生活に関わる細かいところを見ていきたいと思います。
マニアックな話になると思います。

寝袋とテントマットで365日寝る生活
と 「膝」

「膝」に関して思うことを 6年目に入った時に残してました。

※ 関連記事
家で寝袋とテントマットで寝る暮らしと「膝」との関係
monochicken.com

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

私は、畳やフローリングなどの固い床の上に直接テントマットを敷いて寝ているため
「沈み」というものがないことによって「膝に負担がかかっているかもしれない」と思っていました。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

厚みのある布団等では各所沈み込んでくれると思うのですが、テントマットにはそれがほとんどありません。

朝起きると膝に違和感がある時があるのですが、私は過去に山で痛めた膝痛を慢性的に持っているので
それはその慢性的なもので、前日の生活やトレーニングによるものなのか、テントマット暮らしによるものなのかは実際には分かりません。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

念のため6年目ほどから膝下枕みたいのを入れて寝ています。
真夏は暑いので使いませんが、その時期以外は使用するようにしています。

もちろん寝ている間にすぐどこかに消えるので、寝るまでの気休めとして使っています。

これによって膝の違和感がなくなったなどの実感は一切ありませんが、適当なものを丸めて膝下に入れています。

このテントマットで寝る生活と膝との関係は、実際医学的にどうなのか知りたいところです。

テントマットの「段差」の必要性

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

そんな「沈み込まないマット」の上で毎日寝ているのですが
「そのまま敷いて寝ている限り」腰が痛むということはありませんでした。

「そのままじゃなく敷いて寝た時」というのはマット同士を「ジョイント」した時になります。

※ 関連記事
サーマレスト リッジレスト ☆ジョイント成功☆ 200円かつ10秒で解決した長年の悩み
monochicken.com

ここで記載したのですが
そのまま敷いて、ではなくて2枚を「ジョイント」して敷いて寝た時たまたまかもしれませんが
明らかに翌朝、腰の違和感を感じてジョイントして寝ることをすぐにやめました。

この暮らしを始めた当初は、2枚のマットがズレて間に落ちることにストレスがあったので
何か方法はないかと模索し続けていました。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

そして、5年目くらいにようやくジョイント方法にたどり着けたのですが、
長年関わってきたその「マットの間」が自分の体にとって重要だったのだと思っています。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

その「マットの間」の床との 1cmほど の小さい段差を使って、腰や体の部分のストレスを逃すような体になってしまったような気がします。

マット2枚ではその間の段差を利用して、
またマット1枚の場合ではマットからはみ出して段差上にいることがあるため
やはりその小さい段差を自然と利用してると感じます。

平らな固いところでストレスを感じなく眠れる体になったが、
マットの小さい段差が必要な体にもなったのではないか

よく分からないところを力説してますが、
ここはこの暮らしでの一つの大きな特徴だと思っています。

想像では
寝てる時、このテントマットの間の段差を無意識にゴロゴロしているんだと思います。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

そうやって体の歪みを調整しているのか、毎朝必ず間に落ちて寝ています。

つまりこの場合、畳の上で寝ていることになるのですが、マットが不要ということではなくて
「この間の段差が必要」だと思っています。

体の構造は明らかにこの暮らしを始める7年前より「変化した」と思います。

過去のデータはないため比較できませんが、ここも医学的に知りたい気もします。

テントマットのヘタリを疑い出した事象

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

サーマレストのリッジレストを使用していますが、画像で緑の方(リッジレスト ソーライトのアルミ加工がはげたもの)はこの暮らし7年目にしてようやく交換しました。

使用回数は 3000回は使っていたと思います。

個人的には寝袋同様こちらも疑いのない耐久性でした。

※ 関連記事
使用約2500日、2000日、そして0日(未使用)の【リッジレスト/サーマレスト】3枚 画像比較 その比較で気付いた「明らかな違い」とは
monochicken.com

長年の使用でのマットの「ヘタリ」というものを疑い始めたのは、この暮らしも6年目も終わる頃でした。

それは足の かかと によるものでした。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

6年目の終わり頃に「かかと」の沈み方に違和感を覚えてくるようになり
「これはマットのヘタリによるものなのか?」と思うようになりました。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

仰向けに寝てると当然 かかと とテントマットは接するのですがその時に
かかと に圧を感じるようになりました。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

足をクロスしても当然圧を感じてました。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

新しいテントマットではまだそれなりの厚みがあるので気にならなかったと思うのですが
使い込んだテントマットは

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

実質、厚さが落ちると思います。

それで かかと に圧を感じるようになったと思い、7年目にしてようやく
1枚テントマットを替えました。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

新しいテントマットでは、かかと に感じる圧がやはり格段に小さくなりました。
かかと、ましてや体各位に優しい気がします。

やはりヘタリによってマットは薄くなり、かかと に圧を感じるようになっていたのだと思いました。

あとがき

この生活の目的だった

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

寝る仕様をどこでも同じにして
どこにおいても日常と変わらない睡眠の質を保って最高のパフォーマンスで(山を)楽しむ

ということは達成できてると思います。

寝袋に慣れていなければ、どうしてもその窮屈さは感じるでしょうし、
テントマットに慣れていなければ、どうしてもその薄さや固さにストレスが生じると思います。

そういったことも楽しめればいいのですが、私はそうではなく
寝床によってよく眠れないなどとなると翌日の行動に支障が出ると思う人間なのでこんな生活をしています。

寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる 画像

おかげでそういったストレスも「無縁」になったので、山中を十分に楽しめるようになりました。

この生活が健康的にどうなのかは分かりませんが、何かとメリットしか感じないので
引き続きこの生活を続けていこうと思います。

※ 関連記事
家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし 7年目突入 約2190日経過 〜山と旅に向けたその暮らし〜
(2021年9月時点)

使用約2500日、2000日、そして0日(未使用)の【リッジレスト/サーマレスト】3枚 画像比較 その比較で気付いた「明らかな違い」とは
monochicken.com

error: