家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし 7年目突入 約2190日経過 〜山と旅に向けたその暮らし〜

この記事は約 7分で読めます

2015年9月から正確にカウントし始めて 6年 が経ちました。

今ではこの記事の更新のたびに
大きく変わらない日常で、怪我や大きな病気などなくまた無事に過ごせたなと何かホッとするものがあります。

目次
寝袋とテントマットで寝る暮らし 仕様
寝袋とテントマットで寝る暮らしの「目的」
6年目終了・結果
おまけ

家で寝袋で寝る
家でテントマットで寝る

そんな暮らしに切り替えて 約2190日(365日×6)が経過しました。
もう布団の寝心地を思い出せません。

7年目、突入です。

※ 関連記事
家で寝袋/テントマットで春夏秋冬、1年間365日寝続けてみた結果…
monochicken.com

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし 7年目突入 約2190日経過 〜山と旅に向けたその暮らし〜 画像

真夏の1ヶ月半程を除けば、寝袋を利用して寝ることは毎日。
テントマットで寝るのは 100%365日 です。1日も欠かしていません。

家で寝ることはもちろんですが、
車中、別宅、テント、避難小屋…寝る仕様は常に同じにしています。

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る 仕様

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし 7年目突入 約2190日経過 〜山と旅に向けたその暮らし〜 画像

寝袋は、

モンベルのダウンハガー #2
2008年8月 から使用。

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし 7年目突入 約2190日経過 〜山と旅に向けたその暮らし〜 画像

テントマットは、

サーマレスト リッジレストクラシック R (グレー)
2016年5月から使用。

サーマレスト リッジレストソーライト R (グリーン)
2014年8月から使用。

ソーライトの元の見た目はシルバー そのシルバーのアルミ蒸着加工が完全に剥げて今はグリーン
※ R…レギュラーサイズ

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし 7年目突入 約2190日経過 〜山と旅に向けたその暮らし〜 画像

これらの Rサイズ を2枚並べて家で寝袋を使って寝ています
冬は寝袋に入り込み、春秋は開いて掛ける、夏はお腹または片隅に。

※ 枕も当初、アウトドア枕を使っていたのですが一年目途中から家仕様の枕へ

仕様に大きな変更はありません。
新調せず、同じモノを使用しています。

→ 7年目からマットのリニューアルをようやく検討しています

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る 目的

目的も当初と変わらず、

・常に同じ睡眠の仕様にして、どんな状況下でも一定の睡眠パフォーマンスを保ちたい
(山でも旅でも自宅と変わらぬ睡眠の質を持って、最高の状態で楽しみたい)

・部屋の掃除の簡略化

の2点。

それでは、
6年間の家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らしを終えてどうなったか。

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る 6年目終了・結果

これまでの6年間、
どこか背中や腰を痛めることもなく、変わらずに快適に寝てこれたと思います。

ただ今更ですが
マットの「ヘタリ?」と共に膝への負担があるようにも思えてきたので、6年目にして膝下枕みたいなものを投入しています。

他にもヘタリによる負荷を感じてきたため、マットを1枚ようやくリニューアルしようかと7年目にして考えています。

あとは毎年同じことを言っていますが、
冬の「敷き布団が冷たい」ということは無縁で、かつ底冷えなどももちろんありません。

ダウン寝袋の即温性も真冬には際立ってその有り難みを感じます。
一瞬で温まってくれます。

真夏では慣れないとリッジレストの上では暑さを感じるかもしれません。
慣れや衣類を工夫すれば、
私がそうですが、エアコンを使用しなくてもこの上で熟睡できます。

山や旅への目的に付随して、真夏でも冷房は使うことはありません。
それでもこのセットで、家で寝袋/家でテントマットでぐっすり春夏秋冬眠れています。

※ 関連記事
寝袋とテントマットで365日寝る生活【7年目】のこれまで思った「細かいところ」をまとめてみる
monochicken.com

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし約730日(二年)が過ぎ三年目突入→五年目突入 約1850日 画像

※ 2019年9月追記

夏などの暑さでテントマットと肌のはり付き等が気になる時、麻シーツを使ってみました 肌触りが良いですね

※ 2021年9月追記

肌の露出を無くした方が暑くないので2020年から長袖のコンプレションタイツ上下を着て寝ています(夏) そのためマットと肌のはり付きはなくなったためシーツは不要になりました

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし 7年目突入 約2190日経過 〜山と旅に向けたその暮らし〜 画像

リッジレストクラシック(グレー)は 1955日位、
リッジレストソーライト(グリーン)は 2455日位連続で使用しています。
(2021年9月中旬現在)

ヘタリはありますが、

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし 7年目突入 約2190日経過 〜山と旅に向けたその暮らし〜 画像

それで背中や腰が痛いなどということはなく、さすがの耐久性を感じます。

畳だけでなく、フローリングの上でも問題なく眠れています。

※ 背中や腰は大丈夫なのですが、カカトが気になりだしたので7年目にしてリニューアルを検討しています


家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし約730日(二年)が過ぎ三年目突入 画像

おまけ 1

新品のサーマレストクラシックとの凹凸、ヘタリの差はこんな感じに(5、6年目の状態)。

実際寝心地は新品の凹凸は、極上敷布団でした☆

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし約730日(二年)が過ぎ三年目突入 画像

おまけ 2

サーマレストリッジレストシリーズの L一枚 を R二枚 の上に重ねるとこんな感じになります(下辺は揃えています)。

R二枚で寝ると大の字に寝れますが、慣れないと二枚がずれて真ん中が空き、ちょっとしたストレスになるかもしれません。
一年目、自分は滑り止めを二枚の間に敷いてましたが、どうでもよくなり外しました。

今ではその真ん中の割れ目が「より良い寝心地」のために必要になっています。

※関連記事
サーマレスト リッジレスト ☆ジョイント成功☆ 200円かつ10秒で解決した長年の悩み
monochicken.com

L一枚で寝る仕様も考えたのですが
大の字になった時、
「肘がマットから出ないこと」
が個人的ポイントとしてありました。
L一枚では、自分の場合肘が出てしまうのでR二枚がやはり良かったです。

自分は背が高くないので、Rの長さでカカトは落ちないため問題はありませんでしたが、
長身、かつ体の大きい人は「L二枚」が大の字で寝るには良いかもしません。

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし約730日(二年)が過ぎ三年目突入 画像

おまけ 3

そんな感じで家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らしをしばらく続けているので
寝袋の汚れは加速します。

今まで2、3度ほどしか洗ったことはないのですが、2017年9月に再び洗ったので
その時の記事をあげています(気持ちが良い程の汚れた洗い水が出ました)

ダウンハガー #2も、その使用頻度と溜め込んだ汚れによって #5 位まで性能が落ちてしまっていた気がしていたのですが
洗ったことで #3 位まで性能が戻った気もします。

その #5 位の時に11月末の槍の肩で、暖冬だったとは言え温かく眠れているのでこちらもさすがの耐久性でしょうか。
まだまだ使っていきたい寝袋です。

洗うことで、軽さと温かさが再び戻りました(あと無臭も)。

※ 関連記事
モンベルの寝袋シュラフを洗う 画像40枚 その洗い方/洗濯/メンテナンス方法をモンベルのサイトを元にやってみる
monochicken.com

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし約730日(二年)が過ぎ三年目突入 画像

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし約730日(二年)が過ぎ三年目突入→五年目突入 約1850日 画像

家で寝袋で寝る/家でテントマットで寝る暮らし約730日(二年)が過ぎ三年目突入→五年目突入 約1850日 画像

(どこかに入院でもしない限り)布団で寝ることはもうないと思います。

※ 暮らし 関連記事
家でヘッドランプで過ごす暮らし、と環境 〜山と旅に向けたその暮らし その2〜
家でエアコンを使わない暮らし、と環境 〜山と旅に向けたその暮らし その3〜

初冬約2ヶ月間のテント暮らし/仕事をしながら外で暮らす畑脇生活 標高約600m付近
monochicken.com

2021年9月現在
「ダウンハガー800 #2」の現行モデルは「シームレスダウンハガー800 #2(#1121400) のようです

【Amazon/Mont-bell サーチページへ】

※ 関連記事
サーマレスト リッジレストシリーズかZライトシリーズか その1 リッジレストソーライト vs Zライトソル の比較

サーマレスト リッジレストシリーズかZライトシリーズか その2 リッジレストクラシック vs Zライト の比較
monochicken.com

error: