登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び

この記事は約 6分で読めます

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

登山中などで寝袋で寝ている時に

温かい寝袋を使っているはずなのに

なぜか寒い
なぜか部分的に温まらない

と思うときってありませんでしょうか。

極寒地用の寝袋を冬山でいつも使用しているので温度的には何も問題がないはずなのですが
なぜか寒い、なぜか部分的に温まらないと思うことが私はしばしばあります。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

これまで別記事で取り上げてきたように
寝る時の厚着は逆効果」なことがあったり
機能が落ちている寝袋なら中に何か入れると温かい」などのことはあると思うのですが、

厚着せずに寝袋に入っている、寝袋の機能はまだ落ちていない、機能は十分にも関わらず、
つまり
なぜか」「何かおかしい」というところに焦点を置いた内容となります。

直近の体験をもとにイラストを交えて進めます。
もしかしたら
寝袋でなぜか寒い、なぜか部分的に温まらないときの何かのヒントになるかもしれません。

目次
1話目 約2700mテントからの学び
2話目 約1800m冬季小屋からの学び

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し
1話目 〜12月中旬 標高約2700地点 テント〜

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

12月中旬、標高約2700mでの新雪の中のテン泊の寝袋時に感じたことがあります。

それは「下半身だけがなぜか寒い、なぜか温まらない」というものでした。

就寝時着衣:
下半身 薄いアンダータイツ2枚
上半身 薄いアンダーウェア2枚、薄手のフリース1枚

寝袋:
極寒地用ダウン寝袋(快適睡眠温度域 マイナス23度)

床:
銀マットの上に、テントマットを敷く

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

夕方
外気 マイナス10度ほどでしたが、寝る頃のテント内は当然もっと高かったと思います。
もちろん全身それなりの暖をとって寝るまでは過ごしていました。

寝ようと思い、寝袋に入ると下半身だけがなぜか寒くありました
上半身は暖かさを維持できましたが横になった途端、ももから下だけが急速に冷え、
異常に温まりませんでした。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

この日は登山2日目で標高を上げるにつれて斜度も上がり、深いラッセルをする場面もありました。

そのため筋肉疲労の関係か何かで加温できないものかと思うこともあったのですが
ストレッチ等はこの時も徹底しているので血流の悪さなどによる可能性も低いかと思いました。

そんな中
実際の原因はこちらだと思いました。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

強風を避けるため雪を掘って穴を作り、そこにテントを張って寝ていたわけですが
雪の底面をフラットにしたつもりが、横になった時に
下半身部だけ僅かに浮いていた実感がありました。

とりわけ かかとや膝にかかる負担でそれが分かりました。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

矢印の部分がフラットではなかったと思われます(僅かに)。

要はお尻と かかとは接地しているのですが もも、膝、ふくらはぎ辺りは接地が弱かった。

これが妙に下半身が寒かった、温まらなかった原因だと思いました。

寝袋内で あぐらをかけば温かい、膝を抱えれば温かい。
でも足を伸ばすとすぐ冷える。全く温まらない。

ダウンパンツを履いてカサを増して何とか凌ぎました。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

このときの学びとしては、
雪上のテントなら特にしっかりとフラット作りを意識しようと思いました。
大体ではなくしっかりと、です。

寝袋で寝るときは床・テントマットにもれなく接地して寝るのが好ましい。
それが一番温かい
と思います。

僅かな隙間でしたが、妙な寒さの原因はそこだと思いました。

「まるで暖まらない」「なぜか部分的に寒い」イコール「接地が弱い」「浮いている」
なのかもしれません。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し
2話目 〜12月中旬 標高約1800m地点 冬季小屋〜

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

冬季小屋、避難小屋で寝ている時
上記と同じ服装、つまり薄手のものだけで寝ていました。

ダウンパンツ、ダウンジャケットは脱いで寝ています。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

床に銀マットを敷いて、その上にテントマットを敷いて寝袋で寝ていました。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

夜中
半身が寒くて目が覚めたときはテントマットから体が外れていました。
その時気温はマイナス2、3度程度だと思います。

銀マットの上には乗っていましたが、やはりテントマット上の方が温かくあります。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

気付いてテントマット上に戻ったらすぐに暖は取れたのですが
テントマットからの寝袋のはみ出し部分から冷気が伝わってくるようで
その寝袋のはみ出し部分をテントマット上に収めたら より暖を取れた感覚でした。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

このような最終形態だったと思います。

登山での寝袋で【なぜか寒い】時の話し、から「暖」をとるための学び3つか4つ 画像

体はもちろん
寝袋自体もできる限りはみ出さずにテントマット上に収めることがポイントと思いました。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

同日、その後
肩が冷えて温かさが戻らない時間がありました。

寝袋のはみ出しを無くすために肩周りの寝袋をしっかり寄せても暖が戻りませんでした。
もちろん寝袋のフードもかぶっています。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

そこで有効だったことが「枕を抜いたこと」でした。

1話目の雪上の隙間で暖が取れなかったことを思い出して、枕を抜いて首下の空間を無くすことを考えました。

結果はそれですぐに暖が取れた形となりました。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

枕がないと横を向いて寝づらいので山中でも必ず使用しているのですが
肩周りなどが「なぜか寒い」「なぜか温まらない」時に枕を抜くのも効果があるかもしれません。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

これまでの秋山冬山でもなぜか変に寒いときはあった気がするので
もしかしたら今回の学びがあったら暖を取れたかもしれないと思いました。

数値的に寒さに大いに強い寝袋を使っていても
終始温かく眠れるものではないとつくづく感じます。

できるだけ長い時間を温かく眠れるように今後も色々考えていきたいと思います。

登山での寝袋で【なぜか寒い】【なぜか部分的に温まらない】時の話し、から「暖」をとるための学び 画像

太陽は本当に暖かいですね。

冬の朝にはたまりません。

365日これで寝ています
愛用品です

※ 関連記事
寝袋、何着て寝るのが暖かいのか ポイントは〇〇だと思いました 標高約1800m 11月末 南ア テスト

モンベルのダウンブランケット 寝袋で寝ているとき肩が寒い/肩が冷えるのを防ぐおすすめの暖たか軽量ダウンブランケット
monochicken.com

error: