チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し

この記事は約 6分で読めます

気付けばスノーピークチタンダブルマグが220/300/450と揃っていたので、その個人的使い方をまとめてみます。

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

登山、キャンプ・外暮らし、車中泊でチタンダブルマグを使っています。もちろん自宅でも。

「冷たいものを維持したい」という目的でチタンダブルマグを使うことは個人的にはないので
温かいものを維持したい」という前提でいきます。

最後におまけで、チタンダブルマグステンレス真空マグを迷ったときに思ったことを少し残しておきます。

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方
スノーピーク

チタンダブルマグのサイズによって使い分けしているところもあるのですが共通しているのは、

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

コーヒーやお湯などの一般的な飲み物のマグカップとしての利用はもちろんしています。

ダブルウォールの「比較的冷めにくい」という特性を、色々なシーンで活用させてもらっています。

それではサイズごとにいきます。

チタンダブルマグ220の個人的使い方

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

チタンダブルマグ220は、日本酒熱燗によく使っています。

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

詳しくは別記事にあるので省きますが、
寒い山の中で温めた日本酒をゆっくりと味わいたいところですが、シングルウォールの場合すぐに冷めてしまうので何か急かされるものがありました。

そこで冷めにくいダブルウォールのチタンダブルマグ220
日本酒1合(180ml)に合わせてその雰囲気を楽しんでいます☆

参照記事
私が愛用している登山日本酒熱燗セット(キャンプ日本酒熱燗セット)の3つのモノ 画像12枚
monochicken.com

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

ここで押さえておきたいこととして、
スノーピークチタンダブルマグ220/300/450の各数字はそれぞれの容量を表しているのですが、それは「なみなみ」入れた量になっていました。

このような飲み方・使い方をすることはあまりないと思うので、
実際に1杯で飲む量、マグカップに入れる量はその表記数字の容量より少なくなります。

チタンダブルマグに飲みやすい適量を注いでみたら、
220は 175mlほど
300は 225mlほど
450は 375mlほど
でした。

そのため、チタンダブルマグ220に飲みやすい適量の熱燗を注ぐとちょうど1合を楽しめます☆

チタンダブルマグ300の個人的使い方

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

チタンダブルマグ300は、お吸い物や

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

味噌汁にちょうどいいですね。
(旧型チタンダブルマグ300使用)

味噌汁なども一気に飲み干さず食事の合間にゆっくり口にしていきたいので、ここもシングルウォールではすぐに冷めてしまって寂しいことになります。

そこでダブルマグ300。冷めにくい☆

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

大体のインスタント系の一杯分は、その湯量が160mlと表記されてる気がします。

しかしそれでは個人的に濃過ぎる上に少な過ぎるので、
先ほど述べたダブルマグ300の飲みやすい実質の量(225mlほど)の湯量を適当に注げば、ちょうど良い濃さと量の味噌汁が出来上がります。

インスタント系の一杯にとても重宝しています☆

チタンダブルマグ450の個人的使い方

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

飯茶碗として重宝しています。

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

窯で炊いたご飯半合を入れるとこれくらいの量。
思ったより入りますダブルマグ450

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

チタンダブルマグ300450には専用の蓋がある(2021年1月現在)ので、アルファ米をそのパッケージ以外で食べる場合にも何かと重宝しています。
(アルファ米のパッケージは特に山で重宝するので、山以外のシーンでは使わずに取っておきたいため)

蓋があるとやはり保温性は高いです。

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

ちなみに、アルファ米1パックを使うとマックス量になりますダブルマグ450

初冬の外暮らしをしていた時にあまりにもご飯やおかずが冷めるので
「携帯性があって2通り以上の使い方ができる冷めない器」たるものを探していました。
そこでマグと食器で兼用できて軽量かつ取っ手のあるこのチタンダブルマグ450&蓋をチョイスしました。

おまけ

チタンダブルマグとステンレス真空マグを迷ったときに考えたこと

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

ダブルマグを買い足そうとしたときに「ステンレス真空マグ/スノーピーク」というものを見つけてどちらにするか迷ったことがあります。

結局チタンダブルマグを選んだのですがそのときの考察をいくつか。
まず、
→チタンダブルの方が値段が高いけど、少しだけ軽いということ 登山や自力で持ち歩くことにウェートを置いているので少しでも軽いものを選択
そして、

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

左:チタン群 右:ステンレス群

→チタンのマット感が好ましかった ステンレスはメタリックなイメージがあってどちらかと言えば「冷たさ」を感じました ステンレスボディの水筒やステンレスの食器などを氷点下時に触って比較すると、先入観からか分かりませんがステンの方が冷たく感じました チタンのマット感に「温かい」印象があるわけではありませんが、ステンには「冷たい」印象が私にはあるので氷点下時に素手で触ることに多少の迷いがいつも生じていました その点、チタンは触り易かったことがあります

→冷たい飲み物の結露に関する文言がメーカーサイトにあったのですが、先に述べたように冷たいものを入れる目的がなかったのでそこはポイントになりませんでした

チタンダブルマグ群(220/300/450)の個人的使い方まとめ/スノーピーク 画像13枚ほど おまけ/チタンダブルかステンレス真空かの考察も少し 画像

取っ手をつかめばいいだけの話ですが、
ボディの温かさに触れるためつかんで飲むことも多いので、ピッケル等で握力が低下した登山や乾燥したテン泊などにおいて、チタンのザラザラ感も個人的には滑り止めとして役立っています。手持ちの一般のステンレスマグの場合、その質感からか滑ることが何度もありました。

実際にスレンレス真空マグの現物を見て、触ったわけではないのであくまで推測の範囲での考察でした。

チタンよりステンレスの方が汚れの付着に対する扱いは遥かに楽だと思うので総合的な使い勝手はステンの方がいいとは思います。
主流はこちらに移っていくのかもしれません。

なんだかんだ言いつつも「ステンレス真空マグ」、いつかは使ってみたいものです。

専用の蓋は、チタンダブルでもステン真空でも使えるとメーカーサイトにありました
最新の情報はメーカーサイトでご確認ください

関連記事



error: